スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やる夫は言葉を追いかけるそうです 嘘予告

 2009-08-31
990 名前: ◆GV1zPRS/Lk[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 16:48:02 ID:4OqH/Wuc
埋めネタに、やる夫スレでやってみたいネタの嘘予告を少々。



        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : ::l l:::: :\:ヽ: : : : : :\: : : : : :ヽ
      / : : : : : : : : : l : :::l ト-、;、v、:、: : ::: : :: ヽ: : :: : :::丶
    /: : : : : : : : : : : |: : ::i |    l: l::: : :ヽ: :: :ヽ::::::: ::::::ヽ     「 ――これは彼女のお話である
    /: : : : : : /: ;: : :::イ: ::::| |    | ::l、:::::::l:::::ヽ l:::::::::::i::::::i
   l :/: : : : : |: :l: : :/ | :::/| |     |::|ヽ::::::|:::i:::i::|:::::|:::::|:::::l      そしてついに主役になり得ず、
.    | |: : |: : :::|: :|: ::/ |: / | |──- l_|_ |::::::|::::|::|::|::::|::::::|:::::|
    | | : :|: : :::| :.|/ /:/ | |  __ || ┼::l:::::|::||:|:::|:::::::l::::::l      路傍の石コロで終わった私の苦渋の記録である 」
    | |: :::| l ::::|: l':/ //  |/  イ rェェ==xj、ソ|::::|::|:|::::|:::::::::l:::::|
    | | ::::|: l ::::l V _ュエ__     " l家トイヌ-|:://::::::::|::::::l::::i::::|
.    、| 、::::、:l :::::l、Vl家ヘ       O:::::::リ ///:::::::::::|:::::::l::::i:::|
     | ヽ:|ヽ:::::::lヽ、O::::l       vニ夕 イ:: ::::::::::::|::::::::l:::::i::|
    ヽ \:、\::ヽ vニj        ̄´  |::: :::::::::::::|:::::::::l::::::i::l
       \ |\\ "       ///  |:: /:::::::::::|:::::::::::l:::::::、l
         | : : 、 // ヽ         |: / ::::::::::|::::::::::::::i:::::::ヽ.    ◆=================◆
         |: :i: : ゝ、   - -'     イl:/ :::::::::::|ヽ:::::::::::::i:::::::::ゝ       やる夫は言葉を追いかけるそうです
         | ::l : :::::::::::i:::、     / |/: :::::::::::lーゝ:::::::::::::i::::::::ヽ   ◆=================◆
         |: l: : :::::::::::|::::::|::>i___ .イ: : :::::::::::|  ヽ:::::::::::::i::::::::::\
         V: : ::::::::::::|:::::::/ フ´  //: : ::::::::::::l ヽ, ヘ:::::::::::i:::::::::::::\
         /: : :::::::::::::|::_:_l l   y: : ::::::::::::://   ヽ:::::::::i::::::::::::::::\
         /: : :::: ::::::l::レ / /   /: : :::::::::::::/        \:::i:::::::::::::::::::\

991 名前: ◆GV1zPRS/Lk[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 16:48:37 ID:4OqH/Wuc
┌─────────────────┐
│  ひとり気ままに夜を歩く黒髪の乙女 ..│
└─────────────────┘

            イ/::::/::::/::l;:::l:バ`´ヘ::l:::::::::::',::',
           /ノ;:::::;'::::;':::/!:::ハ::|   Ⅵl::::',::::、:',
           ,'/:;'::::::l:::;l:_;L|::;' l::l'"゙''''ナl:l:::::',::::ト;',
          ('l:;'::::::::lz'「/ ;'/ ,'/  ,ニ∠、l::::::l::::l:N      「 美味しいお酒が飲めるなら、たとえ火の中水の中
          ,' |:;::::l::´::lレ,ィト /  ´Vぅハ Y:::;::::l:|:ハ
          {. ';:';:::';ヽ:'.マ:;ハ´     ゙ー'"/;::/::::リハト)       太平洋の水がラムであればよいのにと思うくらい、
            ヽlヽヽ:ヽ、 '‐'′ ,    //イ;::::;':'l|:lメ
            V`ヽ、ヾヽ、  .__,.   ´/:/::::;':::lハ' ヽ      私はラムを愛しております
           //:::∧:`',ヽ`  `´  ,. 'l/:::::/::::ノ|   ',
    ,. ' ´ ̄`ヽ //::::::::∧::::',:::ゾr-_、..ィ'‐''7:::::/:::ト::::',l   ',     偽電気ブラン? お噂はかねがね 」
   /      ノノ::::::::/':::',:::ハ´{´`γ' ´', ':::::/,l::::ト、ヽ、_  ',
  { ,. -‐   ,.. '::´:::::;:rr' ' 7ハ:::ハ ヽ.y'   /〃/ ',|::::l ヽ、__「ト、r;、
  l,'  ,..`':´::::::::::,.< l l //ノ::::::} 〉  ,:':/,::/  l';::::',    l.l ,',' ヽ
   >‎'´::::::::::::::::::,:l   l l//ノ::::::ノ /  // ;'::'  ト.',::::',   ∨/  l
. /:::::::::::::::;::::':´:::l   〉'.:'::::;__'__./  ,':,' {:::l l、l ヾ、:ヽ=‐-__ヘ.  l
':::::::::::::;:: '´::::/:::;| ,.:';´-' ´ ̄/イ  {::{  l:::|  ',  ':,ヾ、゙ヽ、',`.  l  、
:::::::,ィ/:::/'::/::/,l(:,'   <  / l_ ';',  ';:',   ',r-' _>'、 ヾ';.  l   l    ',
:/:/:::://:::/:::,' ;:', ;     `丶ニ_ `ヽ-' ';:',_-=' ' ´  ヽ  ソ. ; ,.-、 lヽ. ヽ.}
' /:// {:::::ハ::{ {::::,.l         `' ‐`、'ヘヽ、     ) l. ;   );::::l ∧
../ィ' /  ';::l l:::l l::::', ',       _ -‐_ `゙ ヽヽッ     ,:l ヘ  ソ,'::::;' / }
/::{ /   '::l ';::',';::::', ヽ、    ゝ__',..' ´、-_ `¨´ }    ,イl l .ハ∨ノ:::ノノ  ,'  }、
' l:l {   `ヽヽ:ヾ:::',  ヾT ー ' ´      ` ' -ノ--‐ '/ l l'、ヘ.リ }::;/´  /  ノ::


                            ┌────────────────────┐
                            │  彼女にひそかに焦がれるサークルの先輩   │
                            └────────────────────┘

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /         「 そんなにすぐ帰らないでいかがですお嬢さん
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /       今夜は私めと一献 」
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴        そんなセリフがすらすら出てくりゃ
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´     こんな苦労はないんだお!
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

やる夫は言葉を追いかけるそうです 嘘予告 の続きを読む

スポンサーサイト

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第12話 城塞都市の怪異

 2009-08-31
917 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 23:57:46 ID:49CawJCc
┏─────────────┓
│ ...第12話 城塞都市の怪異 ..│
┗─────────────┛


「 もうひとりの無限のソウル、ヨーコは、旅の途中に立ち寄った村で、
 『選ばれし勇者にしか抜けない剣』を抜こうとしていた少女ナナリーに出会う

 しかし、剣によって封じられていた魔物ソウルイーターが復活し、
 ヨーコの仲間とナナリーを除く村の人々は消滅してしまったのだった……」



 ::::::::::::::::::::::............................                       ...............:::::::::::::::::::
  /~ \..............        .................:::::::::::...........     ............:::::::::::::::::::::::__ノ
 __ .........::::::::::::::::::::::::::..........                     .............:::::::__/彡
  \     ヽ:::::::::/~   ̄ ̄:::::::::......-ー::::::::::..................::::::::::::::::::(:::::)ー'~
    ミ、     \::::::........   _,,,;;;;:::::::...............:::::::;;;;;;;;;;ーー'''''~~ )::ノ~
  ゝ   ト、    λ-ーー<        ノミ~/: ゝ      (:::(
  λ  ヽ ~''ー  λ.............:::::::::::::::::::::::/彡 _]血[ ┌ヘ    )::ノ
               __,,,∠彡    ∠Π::;;;;;::;;:;;:::ヘヘ ))===三::::....
          __=-―'~ ̄    \:;;;;:;:| /ヽ::::;;;;:|「/:::: >;;\|::::|「:;;:/::::ヾ
 ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......       ヘヘヘヘ、  _/\┌ヘ ~-ー==ー、
                      _,,、=~      <::::;;::: \
                 ー=<~        ..............:::::::::::,
  ̄  / / ̄/ニlーiニトーi---i-=、,,,,____            .''''=
     ̄           ̄ ̄   ∠/ ̄|ニi―-i==、__jkjlwjiw
                           ヽニヽー-、,,_

918 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 23:58:27 ID:49CawJCc

                                   /  、    \- 、_
                                  , -─{ \ ヽ    ヽ   ̄ ー-、  yrァzx-_
                               /  \| {ニヽ |  \ヽ      ≧<rf-<   `ヽ.
                             /  / ./ >'¨ ̄ヽ{   \\   Zニykア ̄‐‐、   ヽ
                            ,' :/  / /  .:.:.:.:.:.: ',    ヽ \ r=tfタ=、¨ヽ、  ヽ  〈
                            / /  / .'   .:.:.:.:.:.:.}  ヽ.  ヽ//Yヽ}`  ヽヽ |  ヽ.
                            l  {:  l  l `ーヽ .:.:.:.:l ヽ  ヽ  ∨/ |       | | |    l
                            ヽ ヽ. ∨|    \、 ヽ }  ',  V /:!      .| | |    |
                             ヽ \ V}  ゝ='、 ヽ、 ∨:i   l   l / :|       |  /    |
           …………。            )__. ノ  j/_´ .:.:.:.: }ノ  ノ  ノ-<´|       | .//  | |
                       .      //}_   ´       ノ  / //⌒i レ|     ノ//   :| |
                            ノノ.∧       .:.:.:/  ノ // > /│    ///   :{ |
                            /( / ゝ 、       // (.  /イr‐´/ :! ノ ///    | |
                           ヽ. \ ∧       { {   Y ("',//.' レ' /, /    | !
                            \ \ヘ    __ ヽ.ヽ   {ヽ{rf/∠ノ// {       ノノ
                              \j人 ̄ ̄`l  `‐〉 jノ |'´  .///    、   //
                                \ヽ  ∧    } /   l__//,'      ヽ./ メ.
                                 ) ) / ∧   j/    |:::::::( //       /(   }
                                // /∠,r}       メ、:.ノ//        メ、 ヽノ
                            . -rf≠ナ ̄7:/ ノ     __ /:/( //      .::   ヽ./
                           /  (//   /:/  , -─ ¨ /:/ /Y(      .::::   ノ、
                            {  ((_,   /:/       /:/ ( / ヽ.      .:::::::.. 人 )




       /:.:.:.:.:.:.:ー=ニ_ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:i
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./'' 7ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; -/:.:.; ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./`i:.:./:.:.:.l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.; -l:.:.:.:.:.:.:.:.ム ´`X/ l:.:.:.:.:.:.:.:.:/  l:./:.:.:.:.:!    ――これから、どうするの?
     ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ ' { {.ト、:.:.:.:.:.:,' ィ'てク,ヾ、 l:.:.:.:.:.:.:./   /:.:.:.::..;'
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l.  \!: \:.:.:.i  {::ぅノ ヾl:.:.:.;ィ:./示¨Z:.ィ:.:.:.:./
      \:.:.:.:.:.:' ,__l:.:.:..:.\:.', `ー    ';.:/ Vzク ノ 〃:.:.:.:./
        `ヽ /    ̄  ̄   ̄ 7    `′ー  /:.:.:.:/`
         i´, - '' ー――― ァ /      ヽ  テ―‐ ''
         ',         //    ... _ ´ / ̄``ー ´ ̄ ア
         ',        〃      , '           /
        /`ヽ、 __     l ト`ヽ、 , '        /
       ,ィく     ``ヽ、  ハ. ヽハ¨ ',          ./

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第12話 城塞都市の怪異 の続きを読む

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 中編 その2

 2009-08-31
945 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/30(日) 16:16:50 ID:BeJPPYa6
1506、

────二日後。『魅惑の妖精』亭。

                       ________
 .              _____. |\_______.\
    ,            |:: :::::: ::::::::| .| |;;;;| i――――――‐ |:: .
                   |::::::::::: ::::: |' | |;;;;| | II .II   _ :::|::;;;| |:::::      ,        .
                    |::::::: ::::::: | .| |;;;;| ||:;;||:;;|ロロ|_|iii.Å、| |:::
                    |:: :::: :::   |: | |;;;;| '――――――‐..|::
           ____   |::: ::::    | ,| |;;;;| | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          \ ___ \ |..  .. .  |. | |;;;;| |    [ | ]    | |         '     .
______....|\ ̄ ̄\      \|_|;;;;| |___|___| |
              iヽ\   \_  .   \|              |     :            ;
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________________\
           └┘\___.\___________________|::
              └┬┬┘::   ___     ___    ___  |;;
                └┘\_  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |::      .
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\,;
                                                \
―――― 、  i\          i\,――――――― 、.  i\          \'
        \|\i        |\i\          \|\i           .\  .
         \.|         |\| ̄\          \.|             .\ .
.――.i.ニニi―┰'|   .       | ̄ | `┰――.i.ニニi―┰'|            ,  \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃                .  \.,
 ..... |    |                           |    |                     \

946 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/30(日) 16:17:49 ID:BeJPPYa6
1507、

                              ,..-――-  、
                            ,.'´: : : : : : : : : : : : \
                          / : : : : : :| : : : : :.!: : : : : :.ヽ
                          /: : : : :.i:/!: :l: |: : : :.|: ∧: :.i:.: :.:i
                        /: ,イ: : :斗┼∧:!: : :.十ァ-l、/:.: : :|
                      /// : i: l/ |/  |: :.:./l/  |/ : i: : |
                        /:,イ :い守气ミ lイ:./ィ斤ラァ: :..!: :.|
                         |/ |: 从|弋汐  l/  f之ソ:.:. :.}、:|
              , ヘ/^ヽ._ノ^:rヘ、     |: :,ゝ}!     ,    /: :.:./ノ :|
         ,.7: : / : : : : : : : !: : :.v 、   .|:∧: :ト、   ..   /:/: :/: ∧!   ジェシカお姉ちゃん、こっちは終わったよ~♪
       ,.ィrイ: /: : : : : :;イ: : : : :.l: : : :!: \  l/ Ⅵ 弋>、__ ,ィイ: :/,ィ/
     |: :} ∨: : : : : :/ !:i: : : : |: : : : : : : :マ.7  ヽ  ∨:ノ   Ⅵ/《/      終わりました…
     |: :| /: : :/ ,.イ l:从: : :A、:i : : : : : Y     /:.:.|-―-/:.:.:.:>、
     l: :l l: :,.イ: :.:/  lハ: : / l`|: : : : : : }   ,<\:.:.:.l.  /:.:://>、
     / i:|__|:./: !: :/     ∨  .!∧: : : :i: :.!  /\\\|  ////⌒マ
.    /:;イ.:.: |ム :.|:.ム=≠     =ミ、 }: : :∧: | .! i /\\._/ /イ     !
   /∧|: : ( |:.:.l/:| '''     `ヽ∧: /-rト|. | | {: : :.\l/: : 《      |
   ´  |: : :|`!: : :リ   r-ァ   /: :.V: : ト!  / { `>: : : _,.∧.    |
       !: :∧ハ: | > .二、, イ|:ィ:.:∧:.:|   ! / /: : イ: : ヽ  ハ    |
      ヽ.{   V,ノ:.:〈. └}}:.ヽ、リレ'  V   .| | {: : : l| : : : }  |      |
         /´\:.:.:Y⌒ |:.:.//〉        | | |: :.:.八: : :.:|  |      |
           /\\\:.ヽ |:.//∧       .| | |_,ノ  ヽ: :.|  |.     〉
        i   \\\V:/// .!       | |,ィ=-、_ ∨  j       |
        |  ヽ、{\\,///} ! |      | 》:.:.:..:| ̄丁¨¨゙T:{       |
        |     弋_>イ: く 〈 |      | |l: : :.:!:.:.:.:|:.:.:.:.:.!:.|       |
        |     ∨: : : :.:.ヽ.| |       / |!:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.|       |
        |      |{: : : ト、:.:.|| |      { l|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |       |

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 中編 その2 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第11話 天動地鳴

 2009-08-30
839 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 22:30:54 ID:49CawJCc

         「 やる夫が各地で冒険を繰り広げていた頃、
          もう一人の無限のソウル、ヨーコも冒険者として
             名を馳せるようになっていた 」


              |:.:.:.:.:.l                 ト:.:`:.-:.」:.:.:.:.:l::.:.:.:.:.:.:.:./
              |:.:.:.:.:.l                 ハ!:.:.:.:.:.:.T>'::.:.:.:.:.:.:.:.'
              |:.:.:.:.:.ハ      '           ,イ:.:.:.:.:.:.:.:::::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.'
        | ̄`'ゝー-|:.:.:.:.:.:.::\    ` ー      __ -‐' ̄ii:.:.:.:::/::/::.:.:.:.:.:.:.:,′
        ヽ       ̄ヽ、:::l ヽ       -‐ ,-―'  ̄`ヽ、ヽ、/:.::.:.:.:.:.:.:,′
      r――`ー――-- 、 ヽ、::` 、____ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、. :.:.:.:.:'
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ:.:.:.:.:.:l
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ rr-‐' ´              | |.:.:.:.:.:!
    |              ヽ===='|                | |:.:.:.:.:.l
     ,|               |   |       .................................|  |.:.:.:l
    〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |.i:
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |


         「 そして彼女がとある村にたどり着いたとき、
            激動の時代が静かに動き始める…… 」


   .                    ∧
   .                   / :|
.                 ____/    |           パラ...
               \        |     ____
.            /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
.          /            、   | ./         \   パラ...
.           ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
    / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
    / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
    7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
.   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
   }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄

840 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 22:31:40 ID:49CawJCc


┏──────────┓
│ ...第11話 天動地鳴 ..│
┗──────────┛


                            ,.ヘ-v
                           _x<_,、(
                _   -:―一:'´ : : /:ド7
      } ̄^Z=:ー―-‐'´: : : : : : : : : : : : -<  ;:!│
      '. え=-、: : : : : : : -‐: : : : : : : : : : : : \;.i: |
.       マ ;.  ;>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ:ト、
          ∨';/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :V:ヽ
        ∨ / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : '.
           ハ/: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :ヽ : : l : : : :'; |
.          | l.: : : : : : :l: : : : :/ : : : j: : : : : :}: : :.|: : : : :l l
        | l:/|: : : : : |: { / :{: : {: :ハ: }: :j小 l: |: : : : :|│    ……ヨーコ
         l.:|:l |: : : : : |: l {_从: :ハ:{ j仏斗≦k |: : : : :|:!    わっちはぬしに言いたいことがありんす
.         |: l ! | : : : : :Vレぅテ≧ー    ´込zソイi: : : : :|: :|
        l: :レ: | : : : : :.|ヘ 込zソ       ::::.::: リ : : : :.|:八    何が言いたいかは、分かっておるであろ?
.        l: : : :│ : : : : |、 :::::::.:   :j     /: : : : : 厂了ヽ
       |: : : : :|.: : : : :.:|丶     - ‐  ,.': : : : : :∧/:::ハ
        | : : : : l : : : : : 〈::::介:、_   ´  //: : : : :/::::}:::::::::::::|
.       |: : : : :∧ : : : : : Ⅵ「/∧> -</: : : : :/::::: ::::::::::::: |     【わがまま娘 ホロ】
.         |: : : : :.:い : : : : : :Ⅵ| L、   _ /: : : : /::::::/:::::::::::!:::|
       |: : : : :.〈∧:l: : : : : |》| l ヽ_ '´__/: : : : /:::/:::::::::::::i::::|
        |: : : : : :{::::|:l: : : : :l:|ヾ{{=气==''/: : : :.:,'〃:::::::::::::::::::i ::|
.      | : : : : : l::::レ!: : : : l/ 弋不勺 l: : : !: :|:{/:::::::::::/ ̄ ̄
.       | : : : : :│::::|: : : : :|::::::〃廿^ヽ| : : | : |ノ:::::::::::/

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第11話 天動地鳴 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第10話 死者の代弁者

 2009-08-30
760 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 21:44:53 ID:49CawJCc

=====================
 前回までのあらすじ
=====================

           / ̄ ̄\
         /       \          「あ…ありのまま 前回起こった事を話すお!
        / ヽ   ノ  u  \
       /´| fト、_{ル{,ィ'eラ,   |        『やる夫が超便利アイテムをタダで入手したり
     /'   \ .(__人__)⌒`  /         オニャノコへの貸しを体で返させてウハウハしてたと思ったら
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´    / ヾ、        いきなり鬼の形相の幼女にお父様の仇呼ばわりされた』
     |/_/  /  ̄ ̄ ̄      ヽ
    // 二二二7      __    `ヽ      な…何を言っているのかわからねーと思うけど
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´     -‐  \    やる夫も何をされたか分からなかったお……
   / //   广¨´  /'       ´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ `ー- 、___            ヽ  }                        しかも…」
_/`丶 /         ̄`ー-- {.       イ




 、_    、  、     _、-                             -、_   ,、  ,、
、, `'-、 `'-、゙'-,、-'´              ,、- '  ̄`' -、             `' -i'゙ ,、-'´  ,、-'´、-
 `'-、 `'-、 `i-'               /   、 ─ 、  \              ゙-i  ,、-'´,、 '´
   `'-─゙-┘               i゙  // ̄\\ ゙:              └-゙─'´
`' -、                        !  ;  | ´','','` |  ;  !                    _ ,、-
、  `' -、                    └-┘ \_/ .└-┘                 ,、- ' ゙  _
 `' -、.  `'>              | ̄ ̄`!     i´ ̄ ̄|                <゙   ,、- '´
,-、   i`' T゙              ├─┬''''''''''''''''''┬─┤              ゙T '´!_,.,_ ,、.,,
i/ソi~'),!-、.i_               | ;;  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ;; |             ,...,,.-,!c,=!i_・i.!_;,ノ
⌒'`ヽゝソ ! ')i゙;ゝ     _ _ _ _ | ;;  |  _ O _ .|  ;; | _ _ _ _       (・.)(゚ノ゙ゝ ' ' ' ´
~` ' ' - 、 , _` ’      \┌ ─ ─-'';─ ┼ '-'-'-' ┼ ─ -─ ─ ┐/      `_ , 、 、 -  ' ' ~
 ̄i ` ' ' -, 、 ,`,'_' '_- 、 ,、| i::::::::::::::::::::i i   ̄  ̄  ̄  i i::::::::::::::::::::i |、, _- '_'__´、 、 、、- ' '゛ i  ̄
  i     !   i ;iミ,;ヾT´! i i┌ ─ ─ ! i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i ─ ─ ┐i i ,゙-、,ナヽζ!   !     !
  i     !   i 丿 く i i i ! !- ┬ - ┤i- ∩ ┐┌ ∩ -i├ - ┬ -! i !゙(マi i゙T''゙ヽi.   i    i
  i     !   i .i~i ゙',゙.!    ! !  .i.  i二二二二二二二二!   !  i .! !' '/./  i.\  !.    i
  i     !   i .| .! ! |__|_!_ _.|_├ ─ ── ── ─ ┤_i._ _i_| i ././|   !.ノ  i    i
  i     !   i .| .! !;、-''' ゙´   ,、-| |            | |-、,   -=-'ー!、, _|.   i    i
  i     !   i (|─´──┬ ' ´  ! !            ! !.  ` ' ┬─ ─ .┤!.   i    i
┌‐────┐ | i~!    .!i    i└-───────┘!.     !    i~! | i   !    !
│ サイバンチョ .|  | i i.    .!i    /              \.   i     ! i | i    !    !
├───‐─┴────────────────────────────────
│  えー、では我らが尊敬すべき隣人、北条ロティを謀殺した疑いで
│  桂木・ニューソクデ・やる夫なる冒険者の裁判を開始する!
└─────────────────────────────────────‐

761 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/21(金) 21:45:14 ID:49CawJCc


            _,.z=' ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
          ∠_/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   `ヽ、
        /    `ー――' ̄¨`ヽ、   `i
      /      /     i.    ヽ   i
    /    /   {       .!      Y   l
  /__/ /  /  / {  !  | | i       }   !
   /  {  !   !'| |  {.  i i 丶 丶     i  i
  ,/   i   l  | ! i、 !、 iヽ、_,...`=z,    |  !
  {   |  !  Ti'\ `' ' 、. { `_ノヾY`i!  |  .|
  Y リハ   `iヾ`y=‐ヾ  \! yi  ̄`y'り  !  |
      Y、 ヾ| {' p :;| 三三  |o :;:j  i  /   !
      i ` .、`弋 ,j 三三三 弋 丿 / ,/.i   i
      ハ   i`  ̄   r      ̄¨ノ/ !   |
     //i 八八    ___,    イ/i ,|  ハ!
        り   >.、  ヽ_ノ  / iノ//t/り
               `ト..,,,,,..<!   ノ
            _.ノ i     / `.ヽ.、
         z''"¨  i"    /     /ヽ、
        / `iヽ、 i ̄ ̄/   /  i  ヽ、
            .`ヽ、__r' "-=''" i     |
┌───────────┐
| ロティの娘 北条沙都子 |
├───────────┴──────────────
│  審議するまでもありません   即死刑にきまってますわ
└─────────────────────────‐


         ____
      : /― ― \
      /(○)}liil{(○) \ :
   : /   (__人__)  u \   「 ここはやる夫でジルオールなスレだったはずだお……
      |  u  `⌒J´     |
      \           / :    いつの間に
     : /         \     『やる夫の逆転裁判』か
       |             )     『やる夫で学ぶアネクドート』になっちまったんだお!?
.     |  |         /  /
       |   |       /  / | :   単なる人違いとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてないお
       |  |      /  /  |     とんでもない冤罪だお! 」
      (YYYヾ  Y (YYYヽ | :
     (___ノ-'-('___)_ノ

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第10話 死者の代弁者 の続きを読む

やる夫が国家魔術師を目指すようです 第20話 「平穏は来たる」

 2009-08-30
713 名前:おもらし ◆9tHOHzcIqg[saga] 投稿日:2009/08/30(日) 01:43:02.13 ID:5zg3zEgo





               『やる夫が国家魔術師を目指すようです』






                  第20話「平穏は来たる」







714 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 01:44:09.25 ID:46cXpJko
久々にきたかー

716 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/08/30(日) 01:44:54.03 ID:D9H5ZE.0
ゴクリ……

717 名前:おもらし ◆9tHOHzcIqg[saga] 投稿日:2009/08/30(日) 01:44:55.36 ID:5zg3zEgo
1108


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′    ちょっと真紅
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、      それは私のおやつよ
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ     勝手に食べないでちょうだい
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |   残念、これは私のよ
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |     あなたのは昨日全部食べたでしょう?
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |   あ、やらない夫
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |    紅茶のお代わりくれる?
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ


やる夫が国家魔術師を目指すようです 第20話 「平穏は来たる」 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第9話 砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた

 2009-08-29
659 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:48:01 ID:QMVzWSPw

┏──────────────────────┓
│  第9話 砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた  .│
┗──────────────────────┛


━━━━━━━━
 エンシャント酒場
━━━━━━━━


                _,r==\-ヾヽ、/∠=-、ノ
               /彡=⌒`ミミ゙ヽi;!!/''彡ノ;;、_
           |ヽ、 _,彡'´彡;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;; /ミ‐-、;;;;;ミ、
           |ヾミ三'/彡'' 彡;;;;; ;;;;; ヽ ミ‐-;;;;;ミ
            ノ;;;;;  彡'  .ィ;;;;;;;;;;i il ヾ\ \、、ミ=彡     ようッ
           //iキ// /彡;;;;;; ノ;;i/;;;;;;ヾ、  \、ミ=、、
           彡ミi//ノソ クノゝ/;∧;;;;ヽ、ヽ ミキッヘ       聞いたぜ、死竜の洞窟の
           彡/ノ彡iゝ=彡 ノノ ヽミ=ヽヽ-《;;;くキノ       ドラゴンゾンビを倒したんだって?
         ./⌒/ノ/(゙'i ゝ ‐-、ヽ''´゙ヾ=二`ヽ´ .!!、,ミヽi、ヽ
        /   !' i リゝ!ヽ (゚_)' ,   ',。、`ヽ ノ / ノリノ`\     すげェじゃんッ
       /.     /`リリ|    .i    ゙ー'‐ '  ./‐イ' 'ヽ
      ./    /  ´'' i  、_ (_,,    .   /  |  i,
     /    /, -、  ! ``ー―‐=ニヲ  ./  .ノ::  ヽ
    /    '´´   `ヽヽ ヽヽ`ニ彡/ ./ ./:::   \
    /          ノ \. ヽ二´ '´    /r-=ヘ、__
              `ヽ  ヽ ー‐'´ /  ,/  i::


     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |    えっ
/     ∩ノ ⊃  /     もう噂になってるのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      いくらなんでも早すぎるお、いったい誰が……
  \ /___ /

660 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:48:21 ID:QMVzWSPw


       iヽ、     /ヽ、____
     _ノ _,.ゝ-=-<、__   フ
   _____ゝ'"        `ヽ _ゝ
   `γ´    ,    、     ヽ\       /!
   ,.イ  /ヽ!、 ノヽ,  /_メ」_ ゝ ', ゝ    ./  l
  く i / ハ rト、  V´,. - 、ゝル  ヽイ  ./   /
 ,.ヘi`レハ ハイヒ.!      / i   ヽ、/    /
 ', ヽ、ノi  l "  _  ".〈/ ハ   /´゙〉  ./
  \  ハハヽ、  ヽノ  ,.イ ,-、.ヘ. / /  ./      ――それで弱ったところをとどめに
    `〈ヘレヘル`ニi=ニ´ヽVハ. 'y/ / ∠____     あたいの氷結魔法でカチンコチンに!
     \/´7ヽ!/ //  .!  /´〉ヽ_   7
     r〈_  / }><{ ̄/ i   ! -!_/_/ ) /
    /ヽiゝ/ /   /   ヽ、  ゝ-、_ フ´ヽ、
   〈    、/  ̄ ̄     i `゙'ー─'´  ̄
   `ヽ、 /         :ハ



     ____
   /     \
  /  ─    ─\      またチルノの仕業かお……
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第9話 砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第8話 激闘! ドラゴンゾンビ

 2009-08-29
540 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/20(木) 20:58:34 ID:QMVzWSPw

┏───────────────┓
│  第8話 激闘! ドラゴンゾンビ  .│
┗───────────────┛


「 名声と仕事を求めて、自由商業都市リベルダムへと
  旅立ったやる夫たち一行
  様々な人と出会いつつ、やる夫は闘技場参加を目指すが……」



    ,.へ
    /::::::::::::\         /ヽ.
  /:::::::::::::::::::::\      /:::::::|
  |::::::::::::\:::::;::->──<::;;;_::::::|  ×
 ノ::::::::::;:-/´  ,. -─-、    `ヽヽ.  ×
 ヽ、:/:::/  /          ヽ.´`ヽ.      ねー、全員グラス持ったー?
   /:::::/   /  /   /|     〉   ',
  ./::::::,'  ノ  /  /|`メ、 |  /|  ハ  i  ',
 /:::,.イ イ /  | ./-─‐-、レ' | /_ | ハ  i       _,_.-、,-‐、
く::::::::ノ   レヽレ'| "      レ'___ `/ |  ,ゝ     ,ノ     `^"!_._
 `/    |.  |           `|  ハ ハ     ,-'i^""''{   、ト-.,_`┐
 〈. /    |.  ',   /´ ̄`ヽ.  "|Yノ レ'    ____}./.   `ー,  〉`'、_}
  )ヘ  /  ',  '、  |    /  ,.イ ',      |┌-|::::..    `‐   |
    レ、    ヽ.  |>ゝ.,__/,.イ ノ  〉      ,.|、| |:::::::        .|
'\    )--ヽハV、 \_/ヽレ|/`ヽ(     ノ i .| |::::::        |
  \/   `ヽ::::ヽ.\/ヽハ、         ./  'ァ.| |::::::        |
  、/      ';::::::', (ハ) |:::Y`ヽ.     /  ノ、 | |::::::        |
─-〈       〉::::::|___ハ__|:::::|  ',    /   ィ{_└-|:::::::        .|
   ゝ、_、r‐`'"ヾ::::::::::::::::::i::::::::::::i   〉 /   ァ‐'' - |:::,.--―¬''''''-―|

541 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/20(木) 20:58:55 ID:QMVzWSPw


         / : : / : : / : : : /: /: : /: : : : : :j :ヽ :ヽ ヽ:ヽヽ
            l : : /:/://: : : :/: : /: : /: : : : : :/ :j : } : :', ハ ハ:ハ
         l : : |イ:/ :|: : : /: :_/_:∠ム斗: :/: ;イ: :j: j: :|: :|: |v:!
           l: :j :|ハ|i: :| : : j : / |イ/ /j: : /: :/ ト:/ /: :j : |: |ハ|
        l : l : : :|i: :| : /|: :| ィ=≠ミ v ' j/  j/jX: :/: :/:/
.        l : j : j: :\{ヽ{ :ヽ{  .:.:.:.:.      、 ミv/: / /j/
        l: :/: /: :{! |: : ヽ : ハ      ,、__ '.:.:∠: ':イ       行き渡ったみたいですっ
.         l :/: /: : :ヽ| : : : : : j|    / V   ム : !|
.      / /: / : : j : |\ト、 : l:i     {_/   ノ: i:|:j:|
      //: / : : / : :!: : : :ヽj/ 、       | ̄ ̄ ̄ ̄ |\
    , イ: : /: : :/ / V: : :ハ、____≧ー≦|__<\⌒v'´|)ノ|
   /:ィ : / : : : /   :V : : ヘ:::::::::::::7::ノ: |   ̄ム∠´」_ノ!- 、
  {: : {{: : :{:,: '        v: : : ヘ::::::::::{、: :(」  ' r‐<\
   \><― 、       ' , : : ヘ:::::::ヘ\x|   \ヽ\ヽ、_
     |::7´ ̄ \\       \ : :\::::ヘ 廴v― 入 ヽ` /} }
     }:〈.     ヽ、\     \: : \:j/    ヽ.__//l∧



      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ       それじゃあ、Lさんの闘技場予選突破を祝して……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
▼ヽ γ    く
⊥ ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第8話 激闘! ドラゴンゾンビ の続きを読む

やる夫が召喚されたようです どうでもいい設定

 2009-08-29
864 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/28(金) 11:45:53 ID:hY.2.EuM
<どうでもいい設定その1 『トリステインの通貨』>

金貨(エキュー)、銀貨(スゥ)、銅貨(ドニエ)の3種が存在する。
なお、『エキュー』等の類似名称が他国にも存在するが、同一のものではない。
(地球の米ドルや豪ドル、シンガポール・ドルのようなもの)

①金貨(トリステイン・エキュー)
・神聖金貨
始祖ブリミルが作った金貨“エキュー”とまったく同じ規格(品質)で作られた金貨。
『王から貴族への下賜』或いは『貴族が王へ献上』する際に用いる儀礼用通貨で、一般には流通していない。
重量約3.5g(金含有率 約100%)

・旧金貨
始祖ブリミルが作った金貨“エキュー”の名をを踏襲した金貨。
……ただし品位に関しては別で、改悪に次ぐ改悪の結果、主要国最悪となっている。
重量約5g(金約20%、銀約80%、他1%未満)

・新金貨
正式名称は『ハーフ・エキュー』。
その名の通り1/2エキューの価値を持っているが、改鋳による出目獲得を期待して金含有量が少なめとなっている。
当時宰相だったマザリーニが財政赤字をこの改鋳利益で賄おうと企てたため、マザリーニ金貨とも言われた。
重量約2.5.g(金約16%、銀約84%、他1%未満)

②銀貨(トリステイン・スゥ)
・100スゥ銀貨(重量約30g、銀含有量 約65%)
・ 50スゥ銀貨(重量約20g、銀含有量 約50%)
・ 10スゥ銀貨(重量約10g、銀含有量 約20%)
・ 5スゥ銀貨(重量約5g、銀含有量 約20%)
・ 1スゥ銀貨(重量約2g、銀含有量 約10%)

③銅貨(ドニエ)
・10ドニエ銅貨
・ 5ドニエ銅貨
・ 1ドニエ銅貨

④交換比率
旧トリステイン・エキュー 1000
新トリステイン・エキュー 500    
トリステイン・スゥ    10
トリステイン・ドニエ   1

*上の交換比率はあくまで標準値であり、金銀貨間の交換比率は常に変動している。
*神聖金貨は、裏で高額取引されている。

865 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/28(金) 11:47:00 ID:hY.2.EuM
<どうでもいい設定その2 『王都平民の社会階層』(一応の目安)>

1、上層階級
大商会のオーナーや大規模な職人集団の親方、大規模の土地所有者(地主)等。
(大商会とは全国~大陸規模で展開される商会をいう)

2、中層階級
資本(店や工場等)を持つ人々。
(中にはそうでない者も含まれているが、彼等はその技術や才覚で多額の収入がある為、便宜上この層に含む)

①中層階級中位~上位
中小商会のオーナーや中小規模の職人集団の親方、中小の土地所有者(地主)、大規模商会の幹部等。
(中小商会とは、下は「十数人」から上は「数十人かそれ以上」の社員で運営される商会をいう)

②中層階級下位
零細商会のオーナーや零細職人集団の親方、零細の土地所有者(地主)、中規模商会の幹部、相当腕の良い雇われの技術者(高級専門職)等。
(零細商会とは、家族に加え、せいぜい「10人未満の社員」によって運営される商会をいいます)

3、下層階級
下層階級とは、資本を持たず、己の身一つで働く人々をいう。
いわゆる『庶民』(下層階級下位は除外)であり、王都平民の大多数を占める。
(よく混同される『貧民』は下層階級中位(下)かせいぜい下層階級中位(中)以下の層で、下層階級全体を言い表したものではない)

①下層階級上位(上):年収400~600エキュー
大規模商会の中堅以上の正社員
自前の店を持てない小商人で、相当流行っている者
雇われの技術者(高級専門職)


②下層階級上位(中):年収300~400エキュー
大規模商会の正社員
中規模商会の中堅以上の正社員
自前の店を持てない小商人で、流行っている者
相当腕の良い雇われ職人


③下層階級上位(下):年収200~300エキュー
中規模商会の正社員
小規模商会の中堅以上の正社員
自前の店を持てない小商人で、そこそこ流行っている者
一人前の雇われ職人


④下層階級中位(上):年収150~200エキュー
小規模商会の正社員
零細商会の中堅以上の正社員
自前の店を持てない小商人
一人前でも若い(或いは腕が今ひとつの)雇われ職人


⑤下層階級中位(中):年収100~150エキュー
零細商会の正社員
自前の店を持てない小商人で、あまり流行らない者
半人前の雇われ職人


⑥下層階級中位(下):年収~100エキュー
見習いの社員
自前の店を持てない小商人で、駆け出しの(或いは流行らない)者
見習いの雇われ職人
日雇の単純労働者
下男下女


⑦下層階級下位
定住先を持てない無宿者で、『浮浪者』『乞食』『拾い屋』等。


*なお、ジェシカの家は店が借家のため(資本を持たないため)、中層階級には含まない。

866 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/28(金) 11:48:09 ID:hY.2.EuM
<どうでもいい設定その3 『王都庶民の暮らし』(一応の目安)>

①年収400~600エキュー
物価の高い王都でも、平民の家族(4人?)なら不自由なく楽に暮らせるレベル。
役所に勤める下級貴族の年棒もこのくらいだが、体面を維持する必要があるのでこれではとても足りない。(故に、バイト必須)

②年収300~400エキュー
物価の高い王都でも、平民の家族(4人?)ならそう不自由なく暮らせるレベル。

③年収150~300エキュー
物価の高い王都でも、平民の家族(4人?)がまあなんとか暮らせるレベル。
王都平民の大多数はここ。

③年収100~150エキュー
物価の高い王都では、平民の家族(3人?)が暮らしていけるギリギリのレベル。

④年収~100エキュー
物価の高い王都で、家族(3人?)で暮らしていける筈がないのだが……確実に少なくない数が存在する。
いったいどうやってやりくりしているのだろう? 知りたいような、知りたくないような…

*王都で大人一人が生きていくには、最低10スゥが必要。(旅行で訪れたなら、最低15スゥ)

やる夫が召喚されたようです どうでもいい設定 の続きを読む

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです 第3話 はじめまして、ごしゅじんさま。

 2009-08-29
404 名前: ◆6wvLyvHZTII[] 投稿日:2009/08/28(金) 21:05:09 ID:zgcGHiws




    第3話
    ──はじめまして、ごしゅじんさま。──




.

405 名前: ◆6wvLyvHZTII[] 投稿日:2009/08/28(金) 21:05:23 ID:zgcGHiws

       (:. ,:.
     .:从,)ノ':.:,__________
__,  ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,               \      .__
ヽヽ ,;ノノ .:;.(. ,.( ,                 \    ヽヽ
 ,.:;(゙:  ,.:.人,'  ,、 (.                \ ,,;;;;'';|| .。:::.:. :;:,;:;:
(,.ノ,、ヾ , .,;ノ(:'  (:,  ,)____________ _ 人   :、;:;":;";`;:;",;;:";:
,;:;`;:;",;:;',  ))  ;:;",;;:";:、             人)ヾ; 从  :;:、;:;":;";`;:;",;;:";:
 ||;`;:;:;"}  /(    ;",;; ;:;             _ノ  _人  (,_:、;:;":;";`;:;",;;:";:
:"||;`,' ノし': :ヽ  ,;:;; ";;:            _从 (⌒    ゙ /⌒;:;;kl:;":,;; ;:;
 ||((,イ: :  :: :V)";`i;:,;;'''           _ ゝ     .    火   :!l:,;;
′、ゝ: :   : :(ノ}从へ人へ从从へ从へ 人     .,;,.,    `ヘ/  ・l|
′‘ヽ: :: :  : :: :/人へ从 人 从へ从へ人へ从・、.,.,;   ;,,.,    (  _il___
_・Σ(ゝ;:; :;从;ノ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”ll'i______
=========================================
                        ____
                      /;:;:;:;:;:;:;:;:\
                     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ 
                   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
                   \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                    しヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ト、ノ
                      |;:;:;:;:;:;:__;:;;:;:;:|
                      !___ノ´  ヽ__丿



                                                 / ̄ ̄ ̄\
                                                /(●) (●) .\ 
                                              /  (__人__) :::::::;;;;;\ 
                                              |;;;; ::::  ` ⌒´:::::;;;;;;;;;;;;;|
                                              \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                                              /     :::::::::;;;;;;;;;;;\
                                             |::Y    ::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|
                                             ||   :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|

406 名前: ◆6wvLyvHZTII[] 投稿日:2009/08/28(金) 21:05:39 ID:zgcGHiws

                  ゚ぐ'i゙l゙i
          、     _,.,、‐゙'x゙l,,|l,,|
          [''~''''"~` __  ‘┐
          ヽ .,,.-‐''"`.|  ,i´
           ``’    |  |       |^l                                   .)  )  )
                 ト  .|    /'''',,,," 彡                                 (  (  (  ヘタッ
                 |  |    `゙^ _,| │      |^l
                〕  .}    .,/,_ |   /'''',,,," 彡                         / ̄ ̄ ̄\
         ゎ,,,,,,、-ー''''"′ ゙l、   l_,'" | .|   `゙^ _,| │      |^l                 /(○) (○) .\ 
         .゙l,      __,l゙       {_,l゙ .   .,/,_  |   /'''',,,," 彡              /  (__人__) :::::::;;;;;\ 
          \,、ー'''"``: ``            l_,'" | .|   `゙^ _,| │               |;;;; ::::  ` ⌒´:::::;;;;;;;;;;;;;|
                                   {_,l゙ .   .,/,_ |                \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                                     l_,'" | .|                /    :::::::::::;;;;;;;;\
                                         {_,l゙ .                |   ・    ・:::;;;;;;;;;)
                                                    .      |  |      ::::;;;;/;;;;;;/
                                                           |   |   :::::::;;;/;;;;;;/ |
                                                           |  | ::::::::::;;;;/;;;;;;;/;;|
                                                         (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                                         (___ノ-'-('___)_ノ

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです 第3話 はじめまして、ごしゅじんさま。 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第7話 リベルダムの時計塔

 2009-08-28
458 名前: ◆GV1zPRS/Lk[sage] 投稿日:2009/08/20(木) 18:11:12 ID:QMVzWSPw

┏──────────────┓
│  第7話 リベルダムの時計塔  .│
┗──────────────┛


「 港町アミラルで、新しい仲間を加えたやる夫たち一行。
  禁断の聖杯はいまだ発見できていなかったが、
  ロストールでのちょっとした冒険を終え、やる夫は冒険者として
  次第にその名を知られはじめていた……」


" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////┌────────┐/////////\
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, ////////│おいでませアミラル | //////////\
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ ///////l└────────┘////////////ゝ
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三┃
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ _ ___________________ ┃
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" 〃  l....... .... |=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "   〃   l ........ ...|=====l=====| |__|__|  ┃
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "         l::::: ... ...|=====l=====| | 〃 |  〃|  ┃
 ""|l!|| ll|ソ  ""           l....    |=====l=====| |__|__|  ┃
   li(~):|l|   ,,,,,, ,             l....    |=====l=====|:::        ::::┃
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;┌───┐
   |;l!l| |;;) iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii__________;;;;;:::::::iii l │博麗亭 |
   |ill|| lll(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
 二llil|l l!| (⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)|三三三三三三三三三三|口(⌒)(⌒)(⌒)(⌒)
、.,.ノiiノ:l|| !ヽ、.,.,             ,.、.,       ,.、.,,,.、.,      .、.,.,
 "" ^~"" ^~ " "

459 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/20(木) 18:11:32 ID:QMVzWSPw

                ,.へ、
     ,rへ、__  ____ __,.イ   iン
     r7   _ゝ-'=-'─--、__  ゝ)、
     )!, .'"::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_,.!(:::',
    , ':::::::::::::::::::::::::::::、::::::、:::::::::', ヽ、!    あ、やる夫さんいらっしゃい
    ,':::::::,'::::::::ハ:::ハ:::::ハ__!__ヽ::::::::',  _ゝ、   チルノは少しは役に立ってる?
   ノ_ニ/=γ-レ'  !:」,.rr--!、::::',::::i /γ
    i:::,'::::::ハ「i゙ヽ  ´ ト  _!〉ゝ:l::」ン:::i     最近頑張ってるみたいね
    レl::::::|:::l ヒ_}    ゙'-'',,, [__]::|::::::|     「駆け抜ける白饅頭」の噂をよく聞くわ
    ヽハ|从"   ´、__,     /::::i::l::::::::|
       [ |ゝ、  、/   ,.イ:::ハil::::::::::|
       ,'|::ノ::::!::`:'r-,-=rニ'"レ>ヽ!::::l::::|
      /.'Vヽハ ,.-i i / ,.イ/^ヽ、;;;;::ン
      i:::!,.へ / λ/  ,'  / ヽ /^i/⌒ヽ
      ',/ ヽイ く,、」   ヽy´  /ヽl ヽ   ノ
    /   / ム___ゝ   i    l/ゝ __ン



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  | u   ` ⌒´ノ
.  |         }    駆け抜ける……
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  <○>  <○>  \
  |    (__人__)    |   白饅頭……?
  \     `⌒ ´   /
  /              \

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第7話 リベルダムの時計塔 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「物価事情と貨幣価値」

 2009-08-28
440 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/19(水) 23:31:57 ID:Fke51QzU

~intermission~ 「物価事情と貨幣価値」


       ____
     /⌒  ⌒\         さあ、本日もなぜなにジルオールのお時間がやってまいりましたお
   /( ●)  (●)\       今回のお題は「バイアシオン大陸の物価事情」だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \.    
  |     |r┬-|     |     【始まりの地スタート主人公 桂木・ニューソクデ・やる夫】
  \      `ー'´     /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       んなコーナーはじめた覚えはねえよ
   |    ( ●)(● 
   |      (__人__)      しかし、物価事情ねえ……
.   |        ノ      ギルドの依頼金とか、食い物や宿の値段とか?
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      【森のおりこうさん やらない夫】
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

441 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/19(水) 23:32:20 ID:Fke51QzU

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\      まあ、そんなところだお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i     手始めに、まずこのお茶の値段。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐      これは一番安物の「エイジティー」、一杯1ギアだお。
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿     もうちょっとマシな「レベルティー」が一杯2ギア、
     ヽ、___   ヽ ヽ       貴族が飲むような高級茶「ルーマティー」が一杯3ギアだお。
     と_____ノ_ノ



'´  : /   : / : /  : ∧j ∧: .ヽ  丶 \
/ : :// : :,′: ! : :!  : /ヾVル'ヘ:  ',:ヽ ヽ ヽ
 : :| |: : :| : : :| : :|: : : |     | : : }: | : |: jl│
 : :| |: : :|._:_:∧ : :l: : : |     | :-/:│: !: Ⅳ
 : :| | : イ⌒l`>厶: : |   /| :/: :/ : ハ |
ヽ: :l∧ : l\:|_斗トヽ\{   /x=ミ}: :/:.| :/ j/     -- 、
: :∨- ヘ | ィ圦::と      '´ ノイ/|/      /   ヽ       ま、スラムの酒場でもその値段なんだから
: : {{ rヘⅥ  辷少     、   |            |     i       そこまで凄いのが出てくるわけはないけどねっ
ヽ∧_ゝ_ヾ           _,   ノ           _|     }
   \个 、   ` ̄    /         /ノ     イ       日本円に換算して、1ギア100~300円って
    f'Z|,_  > 、    _,   '´           ノ _  -―┴‐‐-、    とこじゃない?
   /    ̄`ー‐`下 \             /           }
  /⌒>‐-,、    | | /|_        {             ノ
/  /     \  / ヽ∨ `ー- 、      }   ニ=ー一   ̄`ヽ     【テラネの暴れん坊 春原陽平】
´` ̄\      ∨  O}|    l     __{            _ノ
     \  ヽY      《.     |  / 八 _   ー=ニ二 ̄`}
       \ !|     |0    | / /|  ヘ         _xく
        Ⅵ!       |    lⅣ /│/ {          '´   )

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「物価事情と貨幣価値」 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第6話 ロストール人形探し

 2009-08-28
347 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/19(水) 22:36:50 ID:Fke51QzU

┏──────────────┓
│  第6話 ロストール人形探し  │
┗──────────────┛


「 持つものに知恵を与えるという禁断の聖杯を探して旅するやる夫。
  聖杯を持ち逃げしたクマーたちを街道で発見して追うが、
  ロストール城下町で見失い、ついでに路銀もそこで尽きた

            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.::.:.:.:..:ヽ
         ':.:.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.::.:!
        ':.:.:., ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.'..|
          ':.:.:.:.if'::| :.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:|T :.:.:|:|:.| !|:.:.:.:.:.|.:|:.!:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |
          l ::.:. l!:::| :.:.:.:.::.:.:. |ゝr=ートLl_| !|:.:.:.:.:.|:.|:.!::.:|.:.:.:.:..:|:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:. |
       ,' .:.:. | 、| .:.:.:.:.:.:.:.:.!戈::::::l `     ̄ ̄ `>≠ミ、::::.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:..:: |
       /:.:.:.:.:..ゝ| :.:.:.:.:.:.:.: |l:::::::::::!          'r._)::::::::`ム|L:.:.:.:.:.:.:..:.|ヽ:. |
     /:.:.:.:.:.:.:.:| ̄`'ゝー-|トイrv,′       弋::::::::::::lヽ :.:.:.:.:.:.:..:.|,ノ:.:.|
    ':.:.:.:.:.小:.:.:.:.ヽ       ̄ヽ、         ム-‐―,-―'  ̄`ヽ|:.:.:. |
  /:.:./:./ハ!|:r――`ー――-- 、 ヽ、'     ,ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、 |`ヽ
 /':.:/:.:.:.〃 |/_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ.`_ー_ヽ
./:.:./':.:.:./|!||` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐' ´              | |三._-、!
ハ:.:.!l!:.:.:.| |!'|              ヽ===='|                | |:|  `1
 !ヾ| :.:.:| ヾ':.:,|               |   |    The Book of ..............|  |\  l
  ゞ| :.:.:|,/:.〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |:ヽl
   ヽ:.:./ .:./ |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::Zill O'll:::::::::::::::::::::::|  |'1
 !   Y:.:.:.:|  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ||


  金を稼ぐため、冒険者ギルドで仕事を探すことになったのだが……」

348 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/19(水) 22:37:15 ID:Fke51QzU


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |  #  (__人__)
    |  ;;:.. ` ⌒´ノ    ……ところで、桂木・ニューソクデ・やる夫くん?
   .l^l^ln    ┌}     ひとつ訊きたいことがあるんだが。
.   ヽ   L  .;#└}
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /三/       \
. / 三 /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \     何ですかお?
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

349 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/19(水) 22:37:37 ID:Fke51QzU


                ,  ───-ヘ__    へ
              ,  ´____r'ヽ‐´ : ヽ`─´: : : \
    ..┃┃    ノ_/´: : : : : : : : : : : : :.\:. : : : : : :.\
   ━┛┗━ /: :/: /: : : /: : : : : : : : :ヽ: : : l: ヽ: : \: : :\
   ━┓┏━ /: : :/: /: : : /: : : : :/: : |: : : l : : |: : :|:.:.:. :.\:ヽ \
.    .┃┃ /: : :/: /: : : /: : : : :/: : : |: : : |:. :.:ト、:.:| : : : : : } ト、: \
          /: : :/: /i : : /-─‐-、: :.:./l: :.: :|: :.:.| l: :|: : : : : :{: :ハ \: }
        l: : : l: ハil:.:.´l: : : : ./l: :><./: : :./:. :. }__斗--、: : :}/: :ヽ. jソ
        |:.:. :.l/:.∧:..:.|:.:.: :.//:./ /`: :./:..:..ノl:.| |: ト、: : : i: : : : |
        |:. :./: /:./{:.:.|:.:.:./.ムイ //|/:.:/ j,ノ .V }: : :.|: :.:. :.|
        |: /: /:./:._ト、|:.:∧  __   ムイ       l: : : |: : :.:/
        | l: /:./:r' il: :レ': :.l=='´        ヾ=xx.  ,|:.: .イ:.:.:./
        | レ´/: :{ _.|: : : :.:.|        '   ¨´ /i/ij: : /     風子も訊きたいです
        /: /: : :.`:.|: :. :. :.| ┌──┐ o     ,': : : :il/      いったいどんなうすらトンカチな
       /:. :./: : : :. :.ハ: : : :.:| └──┘    #. イ: : |:.:.|       宅配依頼を受けたらこうなるんですかっ
.    /: : :/: : : : : / : }: : : :|`>、         .r≦:.:.|:.:.:.|:.:.|
.   /:. .:.イ: : : : : : :./i: : {\__j:::::::::>‐-‐<´: : : l: : :|:.:.:从.j
  /:.:.r'{:.:|:.: :. : :. :./|: : l: : : ト、:::::::::::::::::::::r'l :. :.|:.`l、__ノ
  {i'´ヽ|: |: : : :./`ヽ|: : ヽ: : | \:::::::::::::::| l: : :.|: :.|: : \
   \从ハ: :r'.._`ヽ.|: : : l:. │  \ : :::::| l: : :.|: :.|`ヽ: :l
    \V:》'´  `ヽl: : : ヽ :ト、_    \_r‐-、:.:l: :.l〃∧i
      Y´ ̄`ヽ、 \: : : : :\`ヽ_/:∠ニ、r‐、Y´ .∧
 _____l     .`ヽ、\: : : :r '´r'´r┴─-、`ヽ、ヽ/  ヽ
 : : : _.xfT7        `ヽ\: :V〈  f ̄ `ヽ   `V`ト、∧
  ̄: : : /|       \  ヽヽハ_〉、_/`l`ヽ、 ⊂ロ⊃}: : `l、ヽ、
 : : : : : : : |        `ヽ l /: : : : `ヽヽ     ノ: : : :l ヽ、ヽ



  グッ!         _______
     / ̄|      ./ /  #  ;,;  ヽ
   . | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\  ・ 呪われし杖
    | ::|   / -==、   '  ( ●) ..:::::|  ・ ロクシャの墨
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::|   ・ 魔物の骨
 | ___)  ::|  ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/     以上3つを港町アミラルまで配達
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/    /            \                     だお!

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第6話 ロストール人形探し の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第5話 ノーブル伯就任

 2009-08-28
284 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/18(火) 23:13:25 ID:MEFWaRxg

┏────────────┓
│ ...第5話 ノーブル伯就任.. │
┗────────────┛


      「 悪代官に反乱を起こしたレジスタンスの少女ヨーコは、
        鎮圧軍の派遣を恐れた長老に疎まれ、故郷ノーブルを去った


               |:.:.:.:.:.l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ト:.:`:.-:.」:.:.:.:.:l::.:.:.:.:.:.:.:./
               |:.:.:.:.:.l                 ハ!:.:.:.:.:.:.T>'::.:.:.:.:.:.:.:.'
               |:.:.:.:.:.ハ      '           ,イ:.:.:.:.:.:.:.:::::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.'
         | ̄`'ゝー-|:.:.:.:.:.:.::\    ` ー      __ -‐' ̄ii:.:.:.:::/::/::.:.:.:.:.:.:.:,′
         ヽ       ̄ヽ、:::l ヽ       -‐ ,-―'  ̄`ヽ、ヽ、/:.::.:.:.:.:.:.:,′
       r――`ー――-- 、 ヽ、::` 、____ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、. :.:.:.:.:'
      /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ:.:.:.:.:.:l
     |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ rr-‐' ´              | |.:.:.:.:.:!
     |              ヽ===='|                | |:.:.:.:.:.l
      ,|               |   |       .................................|  |.:.:.:l
     〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |.i:
     / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
     |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |


       そしてノーブルに潜入していた領主、ライト・リューガに見出され、
       共に王都ロストールに赴くことになったのだが…… 」

285 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/18(火) 23:13:51 ID:MEFWaRxg


                                 /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                 /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
  火口は生前、王妃に密書を送っていたらしい   !ハ::|::::i:l:|ー、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
  こちらも早急に手を打つ必要がある         i、:!:|:、N{_ヽゝ\ ヾ _ >、ヽi:、|!:|:l
                                  ヽ:!::ト` ̄´ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
  お前には役に立ってもらうぞ               .ト、::!            |::/lj:::!リ
                                    ヾ、  丶 -      リイ:|リ
        ……ところでヨーコ                  リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                    ..rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                   / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


            /:. :, :. :. :. :. r‐ヽ:. :. :. :.ヽ
           /:. :. :/:. :. ∧:. ,〉〈l ヽ:. :.:.:.:.|
         /:. :. :.i λ:. :.:{ v'ヽL弋j}ー-:. :|
         /|:. :. |/__ヽ: :l  __ヽ ̄<. :.:|
          l:. :. トィrヽ'、:ゝィr‐ヽlヽ: ::__ゝ:|
          V\l弋シ ゛弋zン l:.: |ヽl: : :l
               }::',    ,     ノl:.:|:. :. :.,'          なあに?
           /: | ヽ  ー ‐ イ ,l:.:.|:. :.:/
             l: ::| l ̄`ヽ/ ̄ ̄l:.:.:|:.:./
          /|: :.|ノ   ||     |:.:.:|:.:l
           /ヽ!: : |    ||    l:/`ヽ
        /   VVヽ、_∧__ノリ   ',
       ,'   l//        | l /   l
       l   ,/ ヽ       ノ ヽl.   l
       l  /   \  ll   /   ヽ   ',
       ,'   {  ( )ト、ヽハ/h ( ) )_,',
      ,'   人‐ゝ ゛ ノノ ̄丶} V く,ノ、:::::::::',
        l    {  `ー‐ ´     `ーテ  ',::::::: l
        |   \ ノ          〈  /::::::::::l
      ヽ、   /           '/::::::::::/
        `ー./      }      ヽ -‐'´
         /                ',
          r/\            ノヽ

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第5話 ノーブル伯就任 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第4話 黄金色に輝く畑

 2009-08-27
211 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/17(月) 18:05:32 ID:sVn2z0b6
 
 「 ――話は少し遡る。

  伊吹風子がまだ岡崎朋也と共に旅をしていた頃、
  大陸南部の小さな町でも運命が動き始めていた

  ロルトール屈指の大貴族の領地のひとつ、ノーブル
  この地で、反乱を起こすべく立ち上がった者たちがいた 」

                   _..................._
                _.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ,.::/.::_ 、 .:::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
            /.://.:::::\/::::`─== '"´\|:::ハ
            /.:::´::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           |::::::::::::::::::::::|l::::::::|l:::::::::|::、::::::::::::::::::::::l:〉
           ゝ、:::::_::::::川::::::|:ト.\::::l_lム__:::::::::::::ノ{
            j::::::::::丁  ̄    ̄    マ:::::丁:::l
            ,::::::::::::::| ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:イ::::::!:::::!
        | ̄`'ゝー-L_:|ヽ      ,    /!::::::|::::::! _:i:-‐' ̄i
        ヽ       ̄ヽ、_   -   / 」-‐' ,-―'  ̄`ヽ、
      r――`ー――-- 、 ヽ> -- イ ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、
     /_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ
    |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐' ´              | |
    |              ヽ===='|                | |
     ,|               |   |       .................................|  |
    〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |
    / |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
    |  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |


  「 私がこれより語るのは、もう一人の無限のソウルについて 」


   .                    ∧
   .                   / :|
.                 ____/    |           パラ...
               \        |     ____
.            /. ̄ ̄ ̄ \     .|  /       \
.          /            、   | ./         \
.           ̄ ̄\        |  |/     / ̄ ̄\
    / ̄ ̄ ̄ ̄. \       |   ./    //三三三{
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  \    .|  /   ///三三三Z
    / ̄ ̄ ̄ ̄ . \   \ |./  ////    \
    7´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\   V !/ ////         \
.   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ V.////             |
   }:三三三三三三三.×\\l.///×三三三三三三三:{
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー――'  ̄

 「 後にロストールの守護女神と称えられる、勇敢な少女の物語である 」

212 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/17(月) 18:05:58 ID:sVn2z0b6

┏────────────┓
│  第4話 黄金色に輝く畑.....│
┗────────────┛


 l::::::::::::::::::|_!::lヽ:::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  重税を絞り取られ、代官の雇った
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /    ゴロツキどもに脅かされる日々に絶望した!
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\    /ヽ、  /\   /\    /
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ \/   \/  \/   \/
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!      【ノーブル長老の孫 糸色 望】
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /



: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : :, - '': : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :,イ
: : : : : : : : : : : : : : : :/: : , ': : : : : : : : : /: : : : : : l: : : : : : : : /、!   ,
: : : : : : : : : : : : : : :/: /: ; : : : : : : :i: : : : : : : :,; イ: : : : : : : /Vヽ- 彡'
: : : : : : : : : : : ; ィ//ィ' /: : : : : : : :!: : : : ; <  l: : : : : :/l`´: <´
: : : : : : : : : /  l/: : : i: : : : : : : : l : :/   ``l' : : : ://!: : : : ヽ-ァ  ……だから?
、-、 _: : : /   V: : :/l : : : : : : : l/ '  ̄ ` /ィ : : /‐- l: : : : :,/
:\ヽ`、; ′     ヽ:/rェl: ト、 : : : ヘ弋ヲフ ̄`〃l: :, 仞 ̄ト:ヘ. ̄    本当は言うほど絶望しちゃいないんでしょ?
: : :ヾヽヽ      ヾi ハl iヽ: : : :、ヽ‐---‐'  〃 `ー ' l! ヽ!     あんたの家は金持ちだから困ってないもんね
: : : : ヾヽ 、    , -、‐弋   !: ` 、: ヘ`ヽ,,,,,   ′  〉''' }!
: : : : : :.\ヾ 、 f  ゝ、::}`ー!: : : : !`ヽ            ノl       いいわよ、安心して
:.: : : : : : :.\ヽ l    `ー-l: : : : :ト、           /: :l       もう協力してくれなんて頼まないから
:.:. : : : : : : : :\ !      l : : : : l:)¨''‐、 、    '´/,ィ`>- 、.
:.:.:.:.: : : : : : :/ヾヽ     l: : : : : l    〉:〉丶.__./ ./:.:/   }
:.:.:.:.:.:. : : : /    ヾヽ _ l: : : : : :l  /:/   ヽ、,<¨ ̄ , イ
:.:.:.:.:.:.:.:. : :ヽ.    >、ヽ. l: : : : : : !/:./     ヽ:〉 ィ: : :l      【レジスタンスリーダー ヨーコ・リットナー】
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:. : :\ ./  ヾヽl: : : : : : :l:.:.:/        /   i: : : !

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第4話 黄金色に輝く畑 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~  「 ギルド依頼 」

 2009-08-27
197 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/16(日) 11:47:46 ID:uYMQK.4o

~intermission~  「 ギルド依頼 」


━━━━━━━━━
 ロストール到着後
━━━━━━━━━


        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)
. \    | u   (__人__)
   .\  .|     ` ⌒ノ.     は? 手持ちの金がなくなった?
   . \ ヽ       }      お前、行き倒れてた割には結構持ってただろ?
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く       宿屋に風呂・飯つき一泊で50ギアだぞ
     ./ 〈  \    i       2000ギアが路銀だけでなくなるわけがないだろ
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ       一体、何に使ったんだ
             \
               \
                 \


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/     い、いや、実はエンシャントの
| u     (__人__) l;;,´      冒険者ギルドで……
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

198 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/16(日) 11:49:20 ID:uYMQK.4o

────────────────────────────────────────

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\      これ、魔法の宝箱なんですよ
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ    お金を入れていったん閉めてから、
          i / 〃,イ|   | |_L| l l    鍵を解除して開ければ、中のお金がなんと倍に!
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |    もっとも、鍵開けにしくじると戻ってきませんがね
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|.    どうです?一口100ギアからになりますが
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/
────────────────────────────────────────


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   ……それで所持金全額スッた、と。
    |     ` ⌒´ノ   こんな考えなし初めて見た。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }    あの宝箱、アンチハードル(※)効かないんだぞ
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
           ※アンチハードル…精神力を消費して宝箱を開けやすくするスキル

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~  「 ギルド依頼 」 の続きを読む

やらない夫でボクと魔王 第4章 修羅場

 2009-08-27
1 名前: ◆whzkWIakmc [sage] 投稿日:09/08/26(水) 21:21:52 ID:rt1y5lmO
                            !    |
                       |   |
                ヽー 、         |
                 |::::::::ヽ !     ,
                  `ヽ、::::| '     ノ!   原作はボクと魔王。PS2の隠れた名作です
                   ヽ     /::,′   前スレは↓
                         ヽ/    http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1248610213/
_____                   ゙ 、
         ̄ ` `''ー-- ..、          ノ   l   http://acjryvnedk.blog54.fc2.com/
           __                |   こちらにまとめていただいてます
-── ''"´ ̄ ̄ ̄    `          ヽ  |
                /           l__,ノ
                ヽ        , ' ノ、
__               \     / /  \
     ̄ `ヽ           `" ̄ 'ヽー' \   \
ー───、  ''、               /    \   \
:::::::::::::::::::::::::ヽ  \           ,. '′       ヽ.  \



215 名前: ◆whzkWIakmc [] 投稿日:09/08/26(水) 19:58:23 ID:rt1y5lmO

マドリル


         __________      ____
          |__,,..-ー‐'''"ヽ、!JCB |       .|:| ~ |           __
          |ヽ、南鮮石  ヽ.___. |       .|:| 南.|             .| 南 .|
          |  ヽ、CARD __.|___| |____.|:|ラヴ| .        .   .|.鮮. |
          |__..-‐''" ̄___|洋服の゙||:|銀行|             | 石. |
          |12:00| studio 南鮮 |   ゙. |..:::|二二二二二二|───┴─┴┐
  ___..,。,。,。.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| 南鮮石| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |__
  |_|_|_|_|iTTT.i| _______|!コ.| ̄|二二| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  |_|_|_|_||二二| |南鮮 ___ |!ン.|@|≡≡| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  |..ll ll...||iヴァ.!| |:::|  / ̄ l | .|:|!タ.|  | ̄ ̄| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  |. ∪ .|||.ンタ.!| |:::| ◎◎-っ . |:|!ク.|.ア.|====| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  | ̄ ̄||  ̄ | |:::|. ´∀`) ....|:|..ト.|  |南鮮| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  |口口||.口[].| |::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::i ̄|.ゴ|====| 」 」 」 」 」 」 」 |.[][]:□□□:[][] |:::|
  |二二||.口[].|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ...|  |.//|:::|二二二二二二|.[][]:□□□:[][] |:::|
  |口口||┌┐|!二二二二二二二二|ム | /..|:::| 」 」 」 」 」 」 」 | ニ二二ニ二二ニ.|__!
  |口口||└┘|. //|.__i ̄ ̄ ̄i__.|.「」.|_|二二| 」 」 」 」 」 」 」 || // |||. //||
  |口口||二二|//. |┬─┬─┬|.「」.|llllニニニニ| ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄||./...... ||| /  .|| ,,, ,,,,   ,,,,
  |口口|| ///.|/  | nansenseki |l|!   //.|//||  .// . ||//||ニ二二ニ二二ニ||,";;;`,,";;;`,";;;;;`
  |口口||二二|ニニ)./ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄.|! ̄ ̄ ̄|  || //   ||  || // |||. //||;;;;!!;;ミ;;!!;;;ミ;;;;!!;;ミ
  |====||::::::::: |// |:::::ii:::::::::||:::::::::::::::::|!::::::::::::::::| i ̄'i ̄ ̄ ̄il==、//.゙||| //.|| ||  .||   ||
  | //. ,--´ ̄ ̄`--、._____ ,--´ ̄ ̄`--、._____.iニニi======j|エコi!_______|||________|,--´ ̄ ̄`--、
 ̄ ̄ ̄‘ー◎――◎ー'   ‘ー◎――◎ー'   ('-'(O(O==(O         ‘ー◎――◎ー'
==,---------、================= ,---------、========
.__/ノ___||___ヽ\                    ___/ノ___||___ヽ\
      ]      ^ー--、              /       〕     ^ー--、
.__γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__.}             (≡].__γ⌒ヽ_____γ⌒ヽ__.}
.ーゝ__,ノ───‐ゝ__,ノー‐´ ∧_∧ ∧_∩_∩ `ー―ゝ__,ノ── @@@@@.  /■\ ∧_∧
____________ (     )(∀‘(    )∩_∩ ∧_∧ (:::::::::::::∧_∧Д`;)(∀`  )
      ∧_∧∧_∧ ∧_∧ ((())))))∧_∧(  ・∀)∧_∧∧_∧.(::::::::::::::) ⊂)∧,,∧
   ∧∧(::::::::::::::::)´~`;(:::::::::::::)(゚*  ).∧_∧::)   )(:::::::::::::)    )∧_∧ ∧,,∧ ::::::::゙ミ
  (/■\∩∩::∧__∧∩∩ ∧_∧  ( ∧_∧ |  |∧_∧ ∧ ∧ (::::::::::::::).ミ  ,,彡  ミ
  (    ) 'Д)Å)`  )   )::::::::::::∧_∧     )<<<>>>   )ω゚= ) (:::::::::::::::)ミ   ミ @ 彡
  (    )⊃:⊃    )   (:::::::::::(    ∧∧ つ::::::::::::::)∧_∧ .λ_λ::::::::| ∩_∩
   | | | U~Uヽ∧_∧(()))))))△_▲ .∧_∧:::::::::::::::::)    )(ー´  )   (::::::::::::::)

216 名前: ◆whzkWIakmc [] 投稿日:09/08/26(水) 19:58:58 ID:rt1y5lmO
             └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´       ``ヽ:::::::.: : ヽ、
             __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
        .     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
              ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
 <ガヤガヤ      r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ 
        .      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r             ガヤガヤ>
               ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::! : : : : ハ::ヽ
                /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,' : : r ' `¬
             /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト、   /!./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: :::::::i    |:
              /:::::ハ.ト 、 ! | ┬─‐i\、/l/┬─'┬ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;::ノ|    !:          プップー>
              ヽ|l ',ヽ \l. l |::::::::::|  ′  l:::::::::::| ヽ  ,ハr'^,-ヘ'::::::::}::!|   .!:
        .        |    ト、l / |::::::::::l     l:::::::::::| l  | .|/j〈ィ'>》_ノ"i:l !   |:
<ワイワイ         |    l l|.l   `ー '      `ー‐'  l  ! .|:.ヾ ニフ   i::l |   |:                 モエー>
                |   / / l ',                  | l| |/      ヽ| |l    !
        .      |  / / | ; 、      -       _ ,l l ! !          |.!   |          パパー>
              l|  /,イ _...l l:.:.:`.:.ー‐ - ;‐=ィ.:.:´:.:.:.,' .,':| |          | !   !
               !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |



                ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::! : : : : ハ::ヽ
                 /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,' : : r ' `¬
              /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト、   /!./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: :::::::i    |:
               /:::::ハ.ト 、 ! | ┬─‐i\、/l/┬─'┬ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;::ノ|    !:
               ヽ|l ',ヽ \l. l |::::::::::|  ′  l:::::::::::| ヽ  ,ハr'^,-ヘ'::::::::}::!|   .!:
         .        |    ト、l / |::::::::::l     l:::::::::::| l  | .|/j〈ィ'>》_ノ"i:l !   |:
  やらない夫    .  |    l l|.l   `ー '      `ー‐'  l  ! .|:.ヾ ニフ   i::l |   |:
                 |   / / l ',                  | l| |/      ヽ| |l    !
         .      |  / / | ; 、      -       _ ,l l ! !          |.!   |
               l|  /,イ _...l l:.:.:`.:.ー‐ - ;‐=ィ.:.:´:.:.:.,' .,':| |          | !   !
                !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
             _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
           <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |

やらない夫でボクと魔王 第4章 修羅場 の続きを読む

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 中編 その1

 2009-08-27
684 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/26(水) 14:01:35 ID:KJJ4hklE
1418、

┌───────────────────┐

         _     -―-    _
       , ', -、ヽ'´       `'´, -、ヽ
       ! {  /             ゙   } i
       ヽ`ー,'   ●  _  ●  ゙ー'ノ
         ` !     , '´ ▼ ヽ   l"
        / `ヽ.   i  人   i   ノ ヽ
        ヽ./  `==ァ'⌒ヽ==' ヽ/
         〉 ./ ̄ ̄12 ̄ ̄\. 〈
        〃/   \ |     \ヽ
       | | 9     ○    3 | |
       | |               | |
         \\      6      //


          ただ今、時間逆行中…

            しばらくお待ちください            .
               Now loading...                .

└────────────────────┘


686 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/26(水) 14:02:04 ID:KJJ4hklE
1419、

─────約1週間前。王都トリスタニア、チクトンネ街。

                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , -' {ト-‐i,       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':'|      |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':|       |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|       |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;|  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|      |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',  //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //  |  |」  |」  |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\    『魅惑の妖精』亭が見つからねーお…
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 中編 その1 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第3話 どろぼうクマーの惑星

 2009-08-26
160 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/16(日) 10:56:24 ID:uYMQK.4o

┌───────────────┐
│  第3話 どろぼうクマーの惑星  │
└───────────────┘


 「 やる夫少年は母と共に、穏やかな辺境の町で暮らしていた
   ある日、遺跡に封じられていた魔人が目覚め、町の人々は皆殺しに遭う
   ただ一人助かったやる夫は母の仇を討つため旅に出た 」


            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.::.:.:.:..:ヽ
         ':.:.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.::.:!
        ':.:.:., ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.'..|
          ':.:.:.:.if'::| :.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:|T :.:.:|:|:.| !|:.:.:.:.:.|.:|:.!:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: |
          l ::.:. l!:::| :.:.:.:.::.:.:. |ゝr=ートLl_| !|:.:.:.:.:.|:.|:.!::.:|.:.:.:.:..:|:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:. |
       ,' .:.:. | 、| .:.:.:.:.:.:.:.:.!戈::::::l `     ̄ ̄ `>≠ミ、::::.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:..:: |
       /:.:.:.:.:..ゝ| :.:.:.:.:.:.:.: |l:::::::::::!          'r._)::::::::`ム|L:.:.:.:.:.:.:..:.|ヽ:. |
     /:.:.:.:.:.:.:.:| ̄`'ゝー-|トイrv,′       弋::::::::::::lヽ :.:.:.:.:.:.:..:.|,ノ:.:.|
    ':.:.:.:.:.小:.:.:.:.ヽ       ̄ヽ、         ム-‐―,-―'  ̄`ヽ|:.:.:. |
  /:.:./:./ハ!|:r――`ー――-- 、 ヽ、'     ,ィ"´ ニ二-―――ニ二二l、 |`ヽ
 /':.:/:.:.:.〃 |/_______  `ヽ、ヽ、,r-‐'  ̄_,-‐' ̄ ̄ ̄    | ヽ.`_ー_ヽ
./:.:./':.:.:./|!||` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヽ/ r-‐' ´              | |三._-、!
ハ:.:.!l!:.:.:.| |!'|              ヽ===='|                | |:|  `1
 !ヾ| :.:.:| ヾ':.:,|               |   |    The Book of ..............|  |\  l
  ゞ| :.:.:|,/:.〈 |    ..............................n、 |  f^ヽ  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |:ヽl
   ヽ:.:./ .:./ |::::::::::::::::::::{x::::::::::::::::i ヽ十、|  |'´:::::::::::::::Zill O'll:::::::::::::::::::::::|  |'1
 !   Y:.:.:.:|  |:::::::::::::::::::::x::::::::::::::::| |:::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ||


   「 魔人の手がかりを求めて立ち寄った賢者の屋敷でやる夫は、
     禁断の聖杯なる魔道器の捜索を依頼されたのだった…… 」

161 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/16(日) 10:56:52 ID:uYMQK.4o


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 │   ┌──┐  │  , ^   `ヽ
 │   │::  .│  │  イ fノノリ)ハ
 │   ヽ_. ._ノ    >  リ(l|゚ . ゚ノlリ
 │     )ii(     │   (iO{丁}0
 │     )ii(     │    ぐ/_l
  \    ‐―‐‐   /     し'ノ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               __
              /  ___`ヽ
            / ノ  ●) | ┏┓
            |  (●, ,⊃ノ .┏┛
            ゝ   `´ ヘ   .・

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第3話 どろぼうクマーの惑星 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「 スタート地点 」

 2009-08-26
129 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/15(土) 22:51:18 ID:eDOvIhX6


~intermission~ 「 スタート地点 」


       ____
     /⌒  ⌒\       やる夫板から引っ越してきましたお
    /( ●)  (●)\      こっちでもっかいやるからどうぞよろしくだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    【 始まりの地スタート主人公 桂木・ニューソクデ・やる夫 】



         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |     まだリメイクしかないけど
      .(__人__)      |     乙くれた人、ありがとう
       l` ⌒´    .|
       {          .|     さて、今回の解説は俺たちと――
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|       【 森のおりこうさん やらない夫 】
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

130 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/15(土) 22:52:08 ID:eDOvIhX6

                 _ _ __ _
           ,.  '"´       ``ヽ
        ,.  '´              ``ヽ
      / /  //   /   / ハVハ     ヽ
     /  /    l l  l   / !ミミV彡! l  l ヽ
      /  / ! !  l l  l  /  !   l /  l  l  l
    l  / ! ! __」_l /l / l .!   l_/L__/  l  l    なんだかんだでまた出番が伸びた僕、
    l: /l  ! !   Nメ、l/  |ヽ|<__l/ l /   l  /    華麗なるギャグマスター春原がお送りします
    l/! ヽ ヽ  l: :::〒 \|  〒:::</ l  /l. /
     !/\\\|辷ソ      l:.:.:.:.ノノ l / く/     僕、いったいいつまで
        l/  \\|   '       ̄   l/ l       テラネで寝込んでりゃいいんですかねえっ?
           ',   マ ̄ ̄ノ    __ ノ
            ヽ、  ` ー‐'   / l/
             `丶、 ___,. '´  L
              r-ィ´l    ,. -‐┘l
          __,. ィ´/  /  rく     L          【 テラネの暴れん坊 春原陽平 】
      ,. '´    /  ∠__ノ  l    / `ヽ
     /      /__ l/___7    l , ィ´     \



  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \   ノノ  クルッ
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
  ヽ   |     |,┬‐ |       |    さて、移転第一回目のお題は、
   \.\   `ー ´     /    キャラクターメイキングとスタート地点についてだお!
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/


             _,. -‐===r‐- 、
             _, ‐'´ ,r'´三三ミ/==、、\
        ,. -'"  ,  / イ´r-、!'⌒',  ヽ ヽ
       /イ  / / /  ! |ミ、Y´', ',ヽ ヽ ',
     /'´/ //  i | !   ! i``"´^', ! ',  ', i
      ' / /// i ! ! !! ', ! ',    __!,,|__!   !|     スルーすんなよっ!
        | ,イ, ! !  ! | |', !', ヾ、ヽ /__ !| ! !   !!
        |/| ! | |  ',TTヽ、',ヾヾ`ヽ'´ o`゙ レ  ,!|
       !|! i '、 ', ヾr'´o`     ‐--' ノ'⌒リリ
       l| ',',、ヽヽ ヽー'' '  _     rノノ
         ヾ ヽ`ヾ、ゝ ヾ二-- }   ノァイ
              丶、 ` ̄´´ ,. '"!' ´
                ,..>r '"   ,lヽ
              _ノ ヾ __,.. -'"  ',ヽ、
             _,. -‐i  ,イ`} i i''i     ,.ゝ、
       ,. -‐''´   |/ Y 丿/ !   /    丶、
      ,イ          ソ ノ   | ,. '´       `ヽ

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「 スタート地点 」 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第2話 猫屋敷の賢者様

 2009-08-26
60 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/15(土) 22:15:55 ID:eDOvIhX6

┏─────────────┓
│  第2話 猫屋敷の賢者様 ....│
┗─────────────┛


               「 大陸北西部を統治する軍事国家ディンガル 」

─────────────────────────────────────────────
   <_  ^ ^ ∧    ∧ ^   ...,,::;:;:;;;:;:;;;:;;;;;;;;;;;:;:;;;::,,,::;;;;:;:;;;:;:;,,,
    (_Л^ ∧∧   ^ ^   ...,,::;;:;;:;:;;;;:;:;;;;;:;;;:;:;;;;:;;;::::;;;;:;;;:;;;:;;;,,
       ^゙マ ^  ^       ..,,,.,:;;;;:;;;::;;;;;;;;:;:;;:;:;;;;;;;;:;::;;;;;;;;;:,..,★ テラネ
         \ ^        ..,,,.,,,::;;;:;;;;:;;;:;,,.:,,,..  .. .,            .,,::;;;:::,:,.
          "て_        ..,,,:,,;;;,:;デ ィ ン ガ ル 帝 国              ..,,.:,;;;:;:,:;;;:,,.
   /;::l        {,,_                            ..,:;::,,..            ^ ^ ^
   {;:;;}        j_,_                    ★ エンシャント         j^~゛)       ^^ ^
     /:;:;\     ,,ζ       ∧ ∧     ;;:;;; :;;;;:;;;:;;;;:;;;;::;:;;z/~`-^~⌒“ヽ_/  i"  ノ´⌒`\
     j;;:;:;:;:,)    /"`"    ^    ∧ ∧^∧ ∧ ,,:∧;;;:;★ 賢者の森      {_.,ノ^~     V^}  ノ~
i⌒}  {_:;:;:;:_}    }     ∧ ∧∧   ∧∧^ ∧ ∧^  ∧ ^  ~ヽ-ッ ,ノ^ー'へ_ ~        ~`‐'
};:;::}          ノ ^^  ^ ∧ ∧∧    ^∧∧  ^∧ ^  __r--'" <     >
\)  __      ,,,) ^ ^∧ 分^ ∧断^∧ の ∧山∧ 脈  .{^~      `゙ー^ヽ-'~
    (;:;\   /~       ∧ ^ ^ ∧   ∧ ^ ^^     }
      ~~  t~  ..,,:;:;;:;;;;::,..;;:;;.,...:;::;;:;,..,..,..^^              ^{_
         ^} .::;;;:;:;;:;:;;;:;;;;:,...,. .,,::;: ロ ス ト ー ル 王 国      ~^ヽ、_   _._._,-ヘ_
         ,.〉 ...,,.::★ オズワルド,,.,..           ★ ロストール     “ー-~"    \,
─────────────────────────────────────────────

               「 その首都エンシャントの南には美しい森があり、
                  かつて魔王を討伐した賢者が住んでいる 」

61 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/15(土) 22:16:35 ID:eDOvIhX6


  ( ,,( ,,)
 ( ,,)
. _.._       ,と⌒~⌒ヽ
 |___|      (;;;,,,, _,,、_;;,;;,;;'ヽ、__
_|_|_____              「 そこに辿り着くことのできた者は少ないが、
ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ               彼らの証言によると賢者の屋敷は
ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ              やたらと猫にまみれていたという…… 」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
     ┌┬┐   |
     ├┼┤   |"""゛'""""''"""""""゛' """'" ""'""''"""" ゛''
     └┴┘   |  ,,,       。 ∧∧       ゛"      ''
              |、          ゚(-o-,,)⌒ヽ_゛''''"
「「「「「「「「「「「「「「「i          ̄ ノ  ⌒ ̄ヽ     ゛"
     ''''           ,;,,        ~"~" ~"゛    ,,
|,l| ゙゙゙'   _∧∧。_゚_         '"" ゚。  ∧_∧゙゙゙      '"
;iヽ、 ,,. /(*-o-) /\            ゚( -∀- ) Zzzzz....
゙゙~'゛ /| ̄∪∪ ̄|\/゚。 ∧∧⌒ヽ    と    つ    ..,iルw,
 viレ,,  |       |/   ゚(-o-*c (,,_)~  ノ ノヽ ヽ      ゙゙゙
  ""   ̄ ̄ ̄ ̄ ""゙'゙         ""゙'゙(_ノ  (⌒)
      ''' '''''''''            """゙゙
 """          ..,,ivw,,,.         ゙゙"'


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   あー、いわゆる猫屋敷かお
|       (__人__)    |   そういや やる夫の村にもそんな家があったお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     とりあえずはそこを目指すのかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |.      ああ、魔人について調べたいならそれが一番だろうぜ
  |   ` ⌒´  ノ      まずは街道を北上してエンシャントへ向かおう
.  |         }
.  ヽ        }       賢者の屋敷は見つけにくい場所にあるらしいから、
   ヽ     ノ       情報収集しないとな
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第2話 猫屋敷の賢者様 の続きを読む

やる夫は無限のソウルのようです まとめ

 2009-08-26
やる夫は無限のソウルのようです まとめ

第1章 自由なる冒険者たち

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 自由なる冒険者たち 第1話 始まりの地

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第2話 猫屋敷の賢者様

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「 スタート地点 」

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第3話 どろぼうクマーの惑星

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~  「 ギルド依頼 」

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第4話 黄金色に輝く畑

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第5話 ノーブル伯就任

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第6話 ロストール人形探し

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 ~intermission~ 「物価事情と貨幣価値」

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第7話 リベルダムの時計塔

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第8話 激闘! ドラゴンゾンビ

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第9話 砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第10話 死者の代弁者

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第11話 天動地鳴

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 第12話 城塞都市の怪異

第2章 仮面の皇

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 仮面の皇 第1話  ディンガルの新皇帝

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第2話 闇の神器

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第3話 永遠の乙女

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第4話 ロストールの休日

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第5話 ノブレス・オブリージュ

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 番外編 ナナリーのアルノートゥン日記

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第6話 心をなくすもの 前編

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第6話 心をなくすもの 後編

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第7話 ロセン陥落 前編

やる夫は無限のソウルのようです 第2章 第7話 ロセン陥落 後編

第3章 ロストールの攻防

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 ロストールの攻防 第1話 あなたの魂に安らぎあれ

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 2話 色惑の瞳

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第3話 大地の巫女 前編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 人物紹介

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第3話 大地の巫女 後編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 ~intermission~ 「闇落ち」

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 ~intermission~ 「歴史に現れた無限のソウルたち」

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 番外編 続・ナナリーのアルノートゥン日記

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第4話 禁断の聖杯を求めて 前編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第4話 禁断の聖杯を求めて 後編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第5話 過ぎにし薔薇はただ名のみ 前編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第5話 過ぎにし薔薇はただ名のみ 後編

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第6話 Fly Me to the Moon

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第7話 運命神の微笑

第4章 虚栄の商都

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 虚栄の商都 第1話 エンシャントの罠

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 虚栄の商都 第2話 アキュリュースの守護者

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 第3話 久しき邂逅

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 第4話 スノウ・ホワイト

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 第5話 一方通行な人々

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 第6話 毒の果実

やる夫は無限のソウルのようです 第4章 第7話 青い死神

やる夫は無限のソウルのようです 番外編 クマクマ団と虹の山脈の冒険

第5章 失われた魔道都市

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 失われた魔道都市 第1話 ココロノヤミ

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第2話 いざなうもの

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第3話  白虎軍の進撃

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第4話 人魚の耳飾り

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第5話 かめくん

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第6話 人形つかい

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第7話 語り手の事情

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 第8話 Wish You Were Here

やる夫は無限のソウルのようです 第5章 ~ intermission 親密度 ~


第6章 虚無への供物

やる夫は無限のソウルのようです 第6章 虚無への供物 第1話 光の王女

やる夫は無限のソウルのようです 第6章 第2話 魂吸いの指輪

やる夫は無限のソウルのようです 第6章 第3話 勇者たるもの


おまけ

やる夫は無限のソウルのようです おまけ 埋めネタ

やる夫は無限のソウルのようです 埋めネタ 王城ifストーリー

やる夫は言葉を追いかけるそうです 嘘予告

埋めネタ やる夫でコピペ 『雪華綺晶からの電話』

埋めネタ  『やる夫とルルーシュの学校怪談』


AAキャラでコピペ 『誠が子猫を拾ったようです』

クリスマス短編 山に登りて告げよ

キル夫のBUSIN ~WizardryAlternative~ 嘘予告

元スレまとめ

やる夫は無限のソウルのようです【ジルオール】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1243668107/
やる夫は無限のソウルのようです2【ジルオール】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244293467/
やる夫は無限のソウルのようです part3【ジルオール】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245587514/
やる夫は無限のソウルのようです Part4
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246884108/
やる夫は無限のソウルのようです【ジルオール】 Part5
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248700323/
やる夫板IIへ移動
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/
【ジルオール】やる夫は無限のソウルのようです【インフィニット】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250202570/
【ジルオール】やる夫は無限のソウルのようです part2
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250869404/
【ジルオール】やる夫は無限のソウルのようです part3
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256826502/
【ジルオール】やる夫は無限のソウルのようです part4
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270734459/
【ジルオール】やる夫は無限のソウルのようです part5
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290001242/

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 自由なる冒険者たち 第1話 始まりの地.

 2009-08-26
1 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/14(金) 07:29:30 ID:9WTCwKJs

          ________         ,、
        |||||r' ̄ ̄ ̄`〉//     _,ノソ!,-,
        ||||      ///  /l .,ノ〃ソ/< ___ _
        |||     ///  | ;, 7 / ,〃,,,,,,, 、、 、.,,, ヽ、
        |!     ///  -‐',, <  ,,;;_,,- ─ - '''、,,,ヵ;;;;;;,ヾ.、
            ///  〉!  ,,;;;〃'        L._''';;;;;;;;,,ヽ
             ///  _7,,;'/            ~ ヾヽ,;;,;ヘ
              ///  !/ 7 /'                     ヽ ;;;;,ヘ
   ___      .///.. _  <_,/. _        , ─ 、v´ヽ    ._y;;;;;ヘ  _     [ PRESS_START_BUTTON ]
   !-//    ○//.. │|..|   │|      ," ,-‐-、ヾr'.  ..│|;;;;;;ヘ │|
    //    .「|,/   .|│||  |.│|      .l l   l l    │|;;;;;;;;| │|
.   /ム,l     .|_|    」_| |l、 .|| 」_|      ヽ ヽ- ",ノ    」_|;;;;;;;;} .」_|
   ̄ ̄   ///        ヾ ,||           ̄ ̄      〃;;;;;l
.       //〈_________,ll|||、                      〃;;;;;/
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、                   /;;;;;/
                   \ヾゝ、-、_       _, -‐"''_/
                    `‐-、_ ` ‐ - ‐ " _,,-‐ "
                          ゙̄ ‐──‐"


原作はコーエーより発売されたフリーシナリオRPG
『ジルオール』(PS/PS2/PSP)です
やる夫板からの移転にあたり、一部修正して最初から再投下します


※ スタート地点はPS2版から追加された「始まりの地」ですが、
   他のルートが絡んだり、シナリオ進行を大幅に変更する場合があります
※ 没イベント・没ルートを元にした展開もあるかも……
※ 登場キャラクターの多いゲームなので、出てこない人が
   いたり立ち位置変わってたりしますが御容赦ください

2 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/08/14(金) 07:31:48 ID:9WTCwKJs
タイトルロゴと地図のAAを頂きました
ありがとうございます!


【バイアシオン大陸の地図】

                  /^  ^  ^   ~゙⌒¨て,、_,w、,-、_)  ∀´`¨゙ `^て,_
                r~^   ∧ ^  ^^ ..,.:;;;;;;;:;;;;;;:::;,,..             `¨~゙ヘ,
               ノ ^ ∧ ^ ∧ ^ ....,,,;;:;;:;;;;;:;;;:;;,,,...  ..,:;;:.,            "-々
          ,√⌒ ゙̄∧∧ ^  ^ ^  ..,,::;;;;::;;;:;;;;;;;;;:;;:;;;,,,..,,;:;;;;;::;,,             (~_   _  iヘ_
     ,.ノ^⌒~“  ∧  ^ ∧  ∧^ ....,,,::;;;;;:;::;;;;:;;;;;;;;;;;;;:,,,..,,;;;;:;;;;::,,..               ゙\〆 ゙ヽ-"ゝ^ヘ,
    <_  ^ ^ ∧ ①  ∧ ^   ...,,::;:;:;;;:;:;;;:;;;;;;;;;;;:;:;;;::,,,::;;;;:;:;;;:;:;,,,                       ∧~ヽ-ヘ,
     (_Л^ ∧∧   ^ ^   ...,,::;;:;;:;:;;;;:;:;;;;;:;;;:;:;;;;:;;;::::;;;;:;;;:;;;:;;;,,                     ^ ∧ ∧ ^ ^>
        ^゙マ ^  ^       ..,,,.,:;;;;:;;;::;;;;;;;;:;:;;:;:;;;;;;;;:;::;;;;;;;;;:,..,③,,                       ∧  ^ `ヽ-ッ
          \ ^        ..,,,.,,,::;;;:;;;;:;;;:;,,.:,,,..  .. .,            .,,::;;;:::,:,.             ⑥ ∧ ^  {
           "て_        ..,,,:,,;;;,:;,;:;,;:,..,. ,              ..,,.:,;;;:;:,:;;;:,,.            ^    ∧ ∧ }
    /;::l        {,,_                              ..,:;::,,..    ⑦       ^ ^ ^    ^ ^ノ
    {;:;;}        j_,_                    ⑤              j^~゛)       ^^ ^      /

      /:;:;\     ,,ζ ②     ∧ ∧     ;;:;;; :;;;;:;;;:;;;;:;;;;::;:;;z/~`-^~⌒“ヽ_/  i"  ノ´⌒`\         |
      j;;:;:;:;:,)    /"`"    ^    ∧ ∧^∧ ∧ ,,:∧;;;:;⑧;;;;;::,,..{          {_.,ノ^~     V^}  ノ~ヽ、 ノ
 i⌒}  {_:;:;:;:_}    }     ∧ ∧∧   ∧∧^ ∧ ∧^  ∧ ^  ~ヽ-ッ ,ノ^ー'へ_ ~         ~`‐'   i_j~
 };:;::}          ノ ^^  ^ ∧ ∧∧  ④  ^∧∧  ^∧ ^  __r--'" <  ⑮  >
  \)  __      ,,,) ^ ^∧ 分^ ∧断^∧ の ∧山∧ 脈  .{^~      `゙ー^ヽ-'~
     (;:;\   /~       ∧ ^ ^ ∧   ∧ ^ ^^     }
       ~~  t~  ..,,:;:;;:;;;;::,..;;:;;.,...:;::;;:;,..,..,..^^    ∧        ^{_
          ^} .::;;;:;:;;:;:;;;:;;;;:,...,. .,,::;:;:,,.,.                 ~^ヽ、_   _._._,-ヘ_
          ,.〉 ...,,.:,::;;:;;;:;;;;;:,,.,...:,:;;;:;;:,,.,..            ∴∴∴    “ー-~"⑪   \,
          }_ri, ...,.,,:;:;;:;;;;:;:;;:;  .,,:;;:,,,.         ⑩ ∴竜骨の∴∴∴  ^   ^  "{       _,、
           _.}          .,:,:;;:,,..           ∴∴砂漠∴    ^  ^ ^ ^ `‐'^`-'^ヽ-'~ ノ
           }_           .,,.::,,.            ∴∴∴∴  ^^ ^  ^^ ^       ..,,_ノ~
            \_^ ^;;;::;:;;;;;;::;:;              ⑫       ^  ^    ^      ^ ,-'"
             ノ ^ ∧^;;;:;;:;;;:;;;:;;;::;:;:;;;::;;;;;                ^           ^ ^ |
             { ^∧ ∧ ^;:;:;:;;;:;;:::;;;:;;;;:;::;;         ..,,,,...,......,,..             ^^ }
            _ノ ^^∧ ^∧^ ;;;:;;:;;:;:;:;;;::;;::;;;;;:,,..,.     ..,,;;;:;:;;;:;;;;::;;;:;;:;;     ,.;:;;,    ^  ノ
            {     ^ ^ ^_,_;;:;;:;:;:;;;;::;; ;:;;::;;.... _√`)__;;;:;;;::;;;:;;:;;;:;;;;::;;:;;;⑬,,:;;;;::;;;;:;:;;.,.;;:;:;;,,.^ノ"
           /~     __ノ^~"      V   ~'~    ~^っ:;;:;;;:;:;:i^~~^⌒"t;;;;:;:ノ~^};;::;;:;ノ~
           ゙}     ξ                     "j;:;;:;;:;ノ     ~^"  ~ァ^゛
 /~⌒}       ∨^⌒v^"                       ゛‐^
.〈 ⑨|                                                                  ,ヘ,,
 \/                                                                 ,-'" ノ
                                                                     /   }
                                                                   ノ..,,::;;:;,,.|
                                                                ,,/'^~..,..,∧:,.,{
                                                               <~  ..,,.∧∧:,{
                                                                ^} ⑭ ∧ .,.|
                                                              <^~      .,,.{


①アルノートゥン
②アキュリュース
③テラネ
④ドワーフ王国
⑤エンシャント
⑥ロセン
⑦ウルカーン
⑧猫屋敷
⑨闇の門の島
⑩ロストール
⑪リベルダム
⑫ノーブル
⑬アミラル
⑭エルズ
⑮神龍の島(原作では「竜王の島」)


やる夫板での投下
1スレ目 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1243668107/
2スレ目 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244293467/
3スレ目 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245587514/
4スレ目 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246884108/
5スレ目 http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248700323/(第1歴史区分終了まで)

やる夫は無限のソウルのようです 第1章 自由なる冒険者たち 第1話 始まりの地. の続きを読む

やる夫はエコしながら真実に気づくようです 第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」 その2

 2009-08-25
52 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/07/04(土) 17:26:39 ID:ex88C5m3
蛍光灯は小まめに切る前に省エネタイプを選んで使い切ったほうがお得です。
蛍光灯というのいは、つけたときに膨大な電力を一気に消費します。
つけた瞬間、寿命にして50分~1時間5分の命がなくなります。
蛍光灯は普段10時間使用してるのを1時間減らしてみると年間400円程度お得になるかな


窓の少ないオフィスや工場でない場合は昼間から極力つけない
これが一番ですね。
たまに小学校とかでエコ授業やってるくせに昼間は電気はつけない方がいいというと
教室は薄暗くて目が悪くなると言われ電気つける派がいるんですよね。

そんなに簡単に目が弱くなるのは正しい食生活と正しい姿勢とかあんまりゲームしないとか
根詰めて小さい文字とにらめっこして勉強しないとかしてればいいんですよ
お目目が気になるなら鍛えろ。ブルーベリー最高!

53 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/07/04(土) 17:29:01 ID:ex88C5m3
あとやっぱ風力発電ってのは太陽と違って
リスクが大きいんです。問題が改善されるのはかなり遅いでしょう。
メンテナンスもこの間行きましたが(工場地帯)
発電量をみるとやはり回ってるだけの時も多く
羽は痛んだり近くに鳥の死骸が落ちてたりとなかなか悲惨でした。
あとは騒音。小一時間程度なら気にならない音も
長くいれば耳障りな上に頭も痛くなってきたりもします。
いわゆる低周波ですね。どんなにがんばっても解決できないでしょう。

地熱発電も問題点はたくさんあります。

54 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/07/04(土) 17:32:10 ID:ex88C5m3
自分はもともと先輩たちと違って専門として科学やらは習ってなく
会社の勉強会や他社の説明会、学会や海外の人との交流で
なんとなく習いながら仕事をしてるので、信憑性が薄い部分もあります。
だから話半分で聞いてください。

地熱はエコなのに問題だらけ…?

やる夫はエコしながら真実に気づくようです 第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」 その2 の続きを読む

やる夫はエコしながら真実に気づくようです 第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」 その1

 2009-08-25
1 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/06/20(土) 15:42:15 ID:gDrOZV/K
やる夫は嫁ぐようです
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238941891/
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1240877663/

上記のスレから派生したシリーズです。
具体的には作者が経験したエコライフ、エコの嘘・本当などをやる夫を使い
みんなにどれだけエコと言うものが無駄で金のなる木なのか、披露していきたいと思います。

第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」
第二話「やる夫のエコ生活~家電・車~」
第三話「やる夫の地球環境~砂漠化・島沈没~」
第四話「やる夫の身近な間違った嘘エコライフ」
第五話「やる夫の近くの不思議さん~近くの破壊者は見えない~」
第六話「やる夫のリサイクル~落ち着けママ~」

2 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/06/20(土) 15:45:23 ID:gDrOZV/K
         ____       私が21歳のころ、とある発電機材をつくる会社に就職して
       /      \     
      / ─    ─ \    いの一番に教わった、あんまりありがたくないお話だお……
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    「エコ発電は金が沸く」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |    すばらしい言葉だお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」

3 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/06/20(土) 15:55:25 ID:gDrOZV/K
                     25才前後からゆとり世代の人は
         ___ 
      /)/ノ ' ヽ、\      社会科で原子力は環境に良いとかって習わなかったかお?
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   やる夫は理科でもならった記憶があるお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     
  . \ ヽ           /   


        ____       内容はこうだお。
     /     \
    /  ─    ─\    「化石燃料をしようする火力発電などとは違い、発熱するもの自体がCO2をださない」
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |    ってな事を書いてるんだお。
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( ) 発熱、すなわち発電を起こすもの、それはウランだお。
  |      / / |       |

やる夫はエコしながら真実に気づくようです 第一話「やる夫のエコ発電~原子力・風力・太陽光~」 その1 の続きを読む

やる夫は嫁ぐようです おまけ

 2009-08-25
562 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/06/12(金) 23:54:42 ID:Y5JARdOj

        __
      /    \
    /        .\   ヘントウ炎わずらっちゃったお
   /           \    昨日まで湿気とヒエピタとのどの激痛に見舞われ
   |:::::::::         :::::|  とうとう俺の不幸の連鎖もここまで来たかと泣いてしまったお
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ ) とにかくすごいお。唾液が多量に出るだけじゃなくて
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ   その唾液が粘着質パワーアップ+ゲル状。1時間に3回はうがいしてたお

563 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/06/12(金) 23:58:12 ID:nVJSdf0+
な、なんだって・・・・・・
もう、ここの1には生活も病気も作品もすべてこめて乙としかいいようがないよ

お大事に

564 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/06/12(金) 23:59:35 ID:Y5JARdOj

       ____     まず初日は激痛+高熱、しかし液体物質は摂取可能だったお。
     /⌒  ⌒\    発祥二日目から呼吸困難+激痛+高熱+何も食べれない状態までいったお。
   /( >)  (<)\   三日目が本当の地獄。よだれと吐き気もみっくすされてとうとう10分も寝れない状態に。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   バカだから病院にいくという考えもなく、三日目まで部屋で閉じこもりだったお
  |    /| | | | |     |  4日目の朝4時、もうシッコは血尿だわウンコも出ないし吐くものない苦しい状態は24時間LIVE中な時に
  \  (、`ー―'´,    /  先輩が心配して部屋に入ってきてくれたんだお


565 名前: 1 ◆QdfzTOimys [sage] 投稿日:09/06/13(土) 00:07:28 ID:gP1qUDUJ

             (ヽ三/) ))  嘘だと思うだろうけど実話だおw
         __  ( i)))     もうマジで死掛けてたおw
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ ) まぁ先輩が僕の状態を見るや否や、寮内で開いてるまた別の部屋に加湿器や冷蔵庫
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  大量のティッシュにウォータードリンク、甘い食べ物(ジェル状)などを運び入れ
    |    (⌒)|r┬-|     | 僕を搬送した後、加湿器フル回転+僕のデコ・首・ワキにヒエピタを張って
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/ 水でなんとか口を一度さっぱり洗ったあとのど飴を溶かしたぬるま湯を流し込んでくれて
    | | | |  __ヽ、    /   1時間後には腫れが少し収まり、激痛も和らいだ後、ウォータードリンクを常温よりさめてるかなぐらいにしたのを
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |     飲んでなんとか生き返った感じがしました。パナジウム水、喉に優しすぎw
    `ー---‐一' ̄

やる夫は嫁ぐようです おまけ の続きを読む

やる夫が嫁ぐようです 14話「ノリの野望の王国」

 2009-08-25
352 名前:1 1 ◆QdfzTOimys [] 投稿日:09/05/19(火) 01:23:08 ID:nAfqyoRw
            ,..、__
        ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、
       r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶
     l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',
      l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l
      l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l
      ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!
    l:イ:.l:l'rrュ、   ´(:::) '!l:リ:.;'!:.:l:.:!   アレを召還するのに時間かかりすぎよね
    l';l:.:l:.ヽ`" ,      ,'l:Y/ト:.:l:.:l
    l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l    で……
     ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l
     ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ   首尾よくことは進めれて?キルオちゃん
     /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l
    /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l
     ト /    /  .,:':/     l     ト,
    ,イ/   /  .,:':./      l i    l、
  ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',

353 名前:1 1 ◆QdfzTOimys [] 投稿日:09/05/19(火) 01:23:41 ID:nAfqyoRw
          ____
        /      \
      /         \   もちろん
     /   (○) (○)  \
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/  /    あとは「上」にいくだけだ
     |          |
     ||        / |   キシャシャシャ
     ||       ト||
    <三三三三三三| |(_)
       ヽ  |/ レ
        >‎__ノ;:::......

354 名前:1 1 ◆QdfzTOimys [] 投稿日:09/05/19(火) 01:24:30 ID:nAfqyoRw
             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |
.      / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |   じゃあまずは「上」に行って
.     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |
.     / / /  l ||  | ヘ     __ '     /   j  ∧     こんがりと焼きましょうか
    / / /   ハ|  ∨ \      ̄    イ   / / ∧
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧

やる夫が嫁ぐようです 14話「ノリの野望の王国」 の続きを読む

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 おまけ なぜなにハルケギニア

 2009-08-25
581 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/24(月) 14:19:49 ID:VvCW.GEQ
では前回のおまけを投下します。
…これは前回予告したものじゃないですよ?

582 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/24(月) 14:20:25 ID:VvCW.GEQ
1386、

┌─────────────────────────────────────────┐

          rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
          | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
          | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
          |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
       /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
      /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
.     /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l   みゆきと
    /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l
    |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
         |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|
        ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
            \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
                /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
           /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
     _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
     ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
      / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: : : :\:\
       ヽ:////// >く )Yー’{/|: /V           |//,|: : : : : :\:ヽ

└─────────────────────────────────────────┘

583 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/24(月) 14:20:58 ID:VvCW.GEQ
1387、

┌─────────────────────────────────────────┐

              .____
          ノ   ̄:::::::::::::::ヽ、 __
         /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ソ':;;;;;;ヽ
        '::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;--;;;;ヽ;;;;;;;;l
      /::::::::::::::::::::::::Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;|
      /:::::::i::::| 、:::、::::l;;;;;;;;;;;|::__ノ /;|;;;;;;;;;;|
      |:i::::::i::::| ンヾ_|::::;;;;;ト;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;|   ……キョン子の
      |/|:::::ト,|.` 了゚ ト:::::;;/ );;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;!
       ヽ::::::ト、  ゚-'|::::::i ノ;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;i
        1:::y    |::::/ く;;;/  l;;;;;;;;;;}
        ヾ;::ト、 っ ト:/   i_    |;;;;;;;;;!
         |::|  ヽ-iレ_,r' ̄ i   |;;;;;;;;|
         |ノ  ,,〃 /     ヽ   |;;;;;;;|
           イ/ニ/, - _二二ニi  ノ;;;;;;;|
          /// / //~     Y/イ;;;;;;;|
         / イ |/ //       }  i;;;;;;:|
        / ||.y //  |      /  !;;;;;;{
        /  ||_//   i   / /  |;;;;/ 何故本名ガNGナンダ…
       「 / ̄ \_/_ /   /i  /;;/
      イ i     ヽ=イ   / ! //
      |   ヽ      ヽ   / | |/
      },   \     | / /
      ヽ_/|/\    ノ  {

└─────────────────────────────────────────┘

584 名前:1 ◆WeAPMvKLVc [] 投稿日:2009/08/24(月) 14:21:30 ID:VvCW.GEQ
1388、

┌─────────────────────────────────────────┐

               _.、
             .'´/` `ヘ
             l/ /lノヽハ
             ル'l´0ヮ0ハ!
             丿イ゙、!i/iつ
            ((/iU/|l〉人
               し'ノ
                       ──なぜなにハルケギニア!
            /` /"´ ⌒ヽ,
            j  |i<ノ人人 |
            / /ヽリ ゚ -゚ノリ
            |/  <_lj京i>
                 ぐ/_l〉
                 し'ノ

└─────────────────────────────────────────┘

やる夫が召喚されたようです トリステイン学院の日常 その3 『ある日、“魅惑の妖精亭”にて』編 おまけ なぜなにハルケギニア の続きを読む

やらない夫が罪を思い出すようです 第8話

 2009-08-25
126 名前: ◆wYl0Ob/JIo [] 投稿日:09/08/24(月) 21:08:17 ID:aw3yi2ew
959

    ヽ f   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \  z. /
     ∨,./´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ (,, ,'
     ,∧/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽz∧
    ,' : :`: : : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
    ,'            {             l
    i : : : : :.:i: :i: : : : : : : : :.ィ: : : : : ヘ: : : : :l: : : : : : l
    l: : : : : :{: :{: : :.i: : : : :.ハ: : : : : :.}: : : : :}: : : : : :.l
    l: : : : : :',:.ハ: : {}: : : : ,' ',: : : : : ハ: : : :リ: : : : : :.l       いたのか、とはずいぶんな言い方じゃな
    l: : : : : : l:.l''ヘルサ∀タ、 ',ヘ∀リ¨}: :リ'}: : : : : : :l
    l: :.:. : : : {>=-ィ==ニ 、    ,,-==n丶l: : : : : : :l       ここはわっちの職場じゃからのう
    l: : : : : : :l. 弋zタ      弋zタ ''゙}: : : : :.l: :l
    l: }: : : : ∧ `゙゙゙´         `゙゙゙´ ,l: : : : : l: :.l       非番か事件でも起きぬ限りここにおる・・・
    l: :l: : : : : lヘ       i      /l: : : : :.{: : l
    l: :ll: : : : : l:ヘ、     _,    /:.:l: : : : :l: : :.l       それで・・・なんの用でここにきた?
    l: : l: : : : : l:.:.:.:> 、       /.:.:.:.:l: : : : l: : : :l
.   l: : :}: : : : : l:.:.:.:.:.:.:}> 、_ . イ{:.:.:.:.:.:.l: : : : l:.:.:.:. :l
   l: : : :l    l:.:.:_>´      <、:.l    l:.:.:.:.: :l
.   l: : : :_,l: : : : :l゙´           `'l: : : : l:.:.:.:.:.: :l
   l, -''´ {: : : : :l゙'''''' - 、   ,, --- 'l: : : : l''-<、:.l
.  /    ∨: : : l     `  ´      l: : : :ソ    ヽl
  {      ∨: :.ハ           リl: : :,'     }l
  l   ',   ∨: :lヘ           ,'l: : :,'      l:l

127 名前: ◆wYl0Ob/JIo [] 投稿日:09/08/24(月) 21:10:14 ID:aw3yi2ew
960

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |      別に・・・関係ねぇだろ
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
        |:::::::::::::::: \    □
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)□ カチャカチャ


   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i         関係ない、か・・・
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|        相変わらずじゃのう、実の姉に対しその態度とは
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |

やらない夫が罪を思い出すようです 第8話 の続きを読む

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです おまけ その1

 2009-08-24
369 名前: ◆6wvLyvHZTI[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 20:01:35 ID:Te7eSVjE
       ____
    /     \      
   /  ─    ─\     
 /    (●) (●) \   
 |       (__人__)    |    まだまだ暑い日が続き、
 \     ` ⌒´   /     毎日の水風呂が欠かせない昨今ではございますが、
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.      皆様いかがお過ごしでしょうか。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >‎   ヽ. ハ  |   ||



         ____
       /      \
      / ─    ─ \     本日、皆様のお相手を務めさせて頂きます、やる夫にございます。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    初めましての方も、そうでない方も、宜しくお願い致します。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |       長門さん、準備はよろしいですかお?
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                              /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
                                             /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
                                             .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
     問題ない。                                 |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
                                             |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
     私は、にぎやかし兼アシスタントをさせて頂く。            l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
                                               l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
                                              /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
                                             /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
                                            ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
                                            i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
                                            ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
                                             ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
                                              /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

370 名前: ◆6wvLyvHZTI[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 20:01:58 ID:Te7eSVjE

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     おまけという建前の現実逃避、
/    (●)  (●) \     今回は元ゲーム及び本作の舞台である
|       (__人__)    |      「カーラチャクラ」という世界について解説します。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                                               ,,, -ニ三三三三ニ         / \
                                            ,,;;;'''ニ二三三三二ニー   ヽ , ヽ- '    ヽ
                                          , ', -=ニニ三三三三ニニ/=ニニ二ヽ, ヽ---――-ヘ
                                         イ '´  ,r'三三三ニニ/ 三/  、 ヽ ヘニ ヽ      ヘ
     この世界は「シュメール」という柱を中心に             //三三三ニ/ 三/   ハ   i  }三 ヘ   ヽ   ヽ
       8つの大地が積み重なる階層世界となっている。       ,ィ'三/三ニニ/三ニ{  ,'  V | 斗t‐ニヘ ヘ ヽ ヾ\__
                                          ,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ ヘ  ヾ ̄
     各層はさらに8つのMAPで構成され、              ,'ニ//三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ |  ト ゝ
      合計8×8の64層から世界が構成されている。        レ' ./三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ !ヘヘ
                                           lニ,イ/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 ハ |ヾ
                                           レ' l三ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! レリ
                                             レ'  V三三ヘ      _      /三ニハ !
                                                _」三三ニ丶、        /i三三/ .リ
       ……投石器と畑にお世話になった……                 |     `丶 > 、 __ , < {ニ三/
                                                |        \三ヘ      , - ' ´ ̄ ̄ ̄\
                                            / ̄ ̄ ̄ ̄` ' ー- 、 \〉  , - '´ ,,ィニニニニニニニニヘ
                                           iニニニニニニニニニニニへ   ` v'  ,, ィ''"             ヘ
                                           V          ` ー 、====<´             ヘ
                                           ,-V            ヘ  _ V      , ---------ヘ
                                          {  V------------、 「ヽ V l `V , -‐' ´            ヘ

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです おまけ その1 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。