スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やる夫は極悪非道のようです Side.とある研究者の場合#F

 2010-10-03
464 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:14:14 ID:9EsXjoa6 [2/154]
 








                           【Side.とある研究者の場合#F】









.

465 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:14:35 ID:9EsXjoa6 [3/154]
 







                  ――≪魔王剣≫について聞きたいって?










.

466 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:14:54 ID:9EsXjoa6 [4/154]
 
          ,.___
      ,.r  ̄      ̄''`ヽ、
    ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
   /;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
.  !ii;::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::;:::、`!、
. !iiiii::::::::::::::::::;;i:::::;/::::::::::::;ii:/|::::::!:::::i
. !iiiiii;;:::::ii:::::iii'':/:::::::::::;;iiii/  ii:::::|i::::.i
. !iiiiiiii;;::ii:::iiiii'/::,;;,,,,,;;;,,,〆  .|i;::::! ii:::.!    そりゃあ、私は≪勇者譚≫を研究してるけどね。
  !iiiiiiiiiiiijjjjj/::;._シ'' ___ー-~`ヽijj;.! |ii;:i
  !iiiiiii/ 、レi'| `マシノ ̄`  .jii;/  |ij:!    だけどそれは失われた歴史の補完作業みたんなもので、
.   !iiii|. \i;i  r`ー'   )fノ   ij!'     魔王兵器に関しちゃ専門外さ。ま、基本くらいは分かるがね。
    !iii\O .!  \___/ _.ゝ
    !/|iii(.) ヽ、     ー-f、、        本格的に魔王兵器に興味があるんなら、大賢者あたりを頼ったらどうだ?
   / .iiii|   \、   /  \。       紹介状くらいは書くが……
.   ┌┴──-、|`; ̄
.    |__    `~1_\
       `ヽ、 ./.::O, ヽ、
         \.|!:::::::;!\i,
           `!`- '  
【Name.蒼崎燈子 Class.発掘魔法学権威】


           _,,,..---..,,_
        ,r‐'´      .`ヽ、
.       ,f´        ,   `、
      f ,i'  ,i .'i,    `、  i,
      f ,!  ./.'i, 'i`、    `、  'i
      ! !  /  'i, 'i, `ヽ、  i  i     ――いや、必要ないか。それで私に?
      i, .i f-==.、`、 'i,  _`>、 !__i     藁をも掴む、といったところかな。
      f''',! i'i''i''''ー,、 `、`<i'''''i''`i,!-`i 
.      i. V'i,`i''''''´ヽ,,,,r'ヾ'''''''´!  /     いいだろう。私が知っている範囲でなら答えようじゃないか。
      `ーf'i'.、`ー ′ `ー- '人'i´
        し' >-< __ , イ´  U       それならまず、魔王兵器についておさらいしよう。
        ,,,,__゚,r,''''''''i f'''''' 'i,__
.       f  i i 。 _,ir''i i   。!'7'ヽ      君は魔王兵器についてどの程度知っている?
.      ,! :. /.''''日, i,_,! `7,、_,!.:::i, .`、
.      ,! :f,__  ヾ`ニニゞ'´ ::i::::::i  `、
      ,!. ::i::::::`..........,,,,.--.,,..::i;:::::i  `、
     ,!  i::,!::::::::::::',',:::::::::::::::::/'i;::::i   `、

467 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:15:23 ID:9EsXjoa6 [5/154]
 

                  r―-- 、
                  |       ┌───────────┐
                  |       │  ――そう、その通り。.....│
                  .!       .└───────────┘
                  .|         \
                  .|           i  \    、 ヽ、
                  .!      i.  | |i  i, .\   \  \    i
                  l    l  |  .|. |l,  l. ヽ \   \  ヽ、  l
                  i     |  |   !  l l, ヽ ヽ \、  ヽ  ヽ. ト、
                  |    .|  | ., |i,. l ヽ ヽ、\、 \ 、.  \ \! ヽ
                  |    .|  | .| | l, l,. \ ヾ:、 ヽ;.、 ヽ`ヽ、 ヽ |'ト
                  |    .|  .| l. | ヽ__l、,,,,ゝ、ヽ ヽ、\ヽ、\ ` ヽ|.l
                  |;    l、 _,」.;┼l'´,.=;_テ;ー;ミヽゝ    ヾ ``    | l
                  |i     ヾ、 f-‐|く.  i、,.゙_ノ              .| l
                  !|     ;ト、ヽ、ヽ``"´               l. l
         ┌───────────────────────────────┐
         │  強大すぎる魔王に対抗するため、武器に魔王自体を封じ込めたモノ。  .│
         └───────────────────────────────┘
                  | |.!     ,    i``^ヽ       ,. -‐ ''´     ,1
                  | .!.!     |i   |    ` 、            / |
                  | !.|     .|.!    |.   i   l`ト.、          /  !
                  .! .| l,    | !.   |   .|i,  l, |:::::::`:::::..-.-‐:ク′  |
                  .| !. l.   | l    |!   l.l.  l, !::::::::::::::::::::/  __,」
                  l | l   |. l,.  |l,.  _」,L.-‐'T!::_;;:: --‐''' ´    .| /
        ┌──────────────────────────────────┐
        │  毒をもって毒を征す。まあ、発想としては悪くないし……ありきたりでもある。   │
        └──────────────────────────────────┘
                        \.lヽ. ヽ! __」
                          ヽ   /

468 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:15:53 ID:9EsXjoa6 [6/154]
           ,.___
      ,.r  ̄      ̄''`ヽ、
    ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
   /;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
.  !ii;::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::;:::、`!、
. !iiiii::::::::::::::::::;;i:::::;/::::::::::::;ii:/|::::::!:::::i
. !iiiiii;;:::::ii:::::iii'':/:::::::::::;;iiii/  ii:::::|i::::.i
. !iiiiiiii;;::ii:::iiiii'/::,;;,,,,,;;;,,,〆  .|i;::::! ii:::.!    ――さて。この話を聞いて、疑問に思うことがあったはずだ。
  !iiiiiiiiiiiijjjjj/::;._シ'' ___ー-~`ヽijj;.! |ii;:i
  !iiiiiii/ 、レi'| `マシノ ̄`  .jii;/  |ij:!     君ならこれくらい分かるはずだな?
.   !iiii|. \i;i  r`ー'   )fノ   ij!'
    !iii\O .!  \___/ _.ゝ        ……ふむふむ。なるほど。それが君の答えか?
    !/|iii(.) ヽ、     ー-f、、
   / .iiii|   \、   /  \。       
.   ┌┴──-、|`; ̄
.    |__    `~1_\
       `ヽ、 ./.::O, ヽ、
         \.|!:::::::;!\i,
           `!`- '  

         ,r‐ 、, -‐- 、
       ,r'´          `ヽ
      ,i'´.::..         ..:::::::....`ヽ、
     ,i' .:.::::::::. , ,   ...  .::::::::::::::::.. .:'i,
    ,i'::::::::::::::./i::::l,:::.. .;::::::... :::::::::::::::::::.:::'i,
.   ,i::i:::::::::::::/ i::::l 'i:::::..::i:::::::::::.:::::::::::::::::::::::'i,
  ,i:::i::::::::::::/ i::::i' 'i::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::i,     正解だ。ま、これくらいは当然か。
  ,i:::i::::::、::/  .i::::l  'i:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ,i::::i:::::::::X   i::::l   'i::::::::::i::::::::;::::::::::::::::::::::i     続けよう。
 i'i::i::::::::ハlマi,  i:::l    'i::::::::i:::::::::i::::::::::::::::::::i
 i i:ii::::i/‐t_ヒ|  !::i -‐ラ〒テ=t‐f'´::i::::::::::::;::::::i     その通り、魔王は強大無比な存在で、人間なんかは虫けら同然。
 ! i'i i::i、_ノ`ヽrti- ヽヒツノ`i::i::::::i:::::::::::::i::::;i
  ' 'i'iヽノ    i   `ヽ_,,r''i::i::/‐ 、:::::ノ::/      当時の技術を結集しても魔王達には勝てなかった。
    ' `     `ー‐‐'′  !' / i:'"/
      ヽ`ー--       ' ′.ノ/         そして、対抗するための魔王兵器を造るには魔王が必要。
       ' ,      ,    l`´/´
        `ー--、'´     i::/           ……おかしいじゃないか。最初の魔王兵器はどうやって造られた?
           i       i'
 .        ,-‐i      __j-           魔王に勝てぬ人間が、どうやって魔王を武器に封じ込めた?
         / ヽノ_, -‐ ' ´    i
.       ノ / i'´         _i_
   r-‐‐'7´/.  i      ,,r'''"´ `ヽ

469 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:16:26 ID:9EsXjoa6 [7/154]
 
          ,.___
      ,.r  ̄      ̄''`ヽ、
    ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
   /;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
.  !ii;::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::;:::、`!、
. !iiiii::::::::::::::::::;;i:::::;/::::::::::::;ii:/|::::::!:::::i
. !iiiiii;;:::::ii:::::iii'':/:::::::::::;;iiii/  ii:::::|i::::.i   ……私はね、≪魔王剣≫こそが
. !iiiiiiii;;::ii:::iiiii'/::,;;,,,,,;;;,,,〆  .|i;::::! ii:::.!   最初に作られた魔王兵器なのでは、と考えているんだよ。
  !iiiiiiiiiiiijjjjj/::;._シ'' ___ー-~`ヽijj;.! |ii;:i
  !iiiiiii/ 、レi'| `マシノ ̄`  .jii;/  |ij:!    魔王や魔王兵器に関して語られた伝説は各地に数あれど、
.   !iiii|. \i;i  r`ー'   )fノ   ij!'     その出自は殆ど『他の魔王兵器によって魔王を捕らえる』というものだ。
    !iii\O .!  \___/ _.ゝ        
    !/|iii(.) ヽ、     ー-f、、
   / .iiii|   \、   /  \。        その中で、≪勇者譚≫における≪魔王剣≫だけが
.   ┌┴──-、|`; ̄              『神から下賜される』『岩に突き刺さっている』等という
.    |__    `~1_\             入手方法になっている。
       `ヽ、 ./.::O, ヽ、
         \.|!:::::::;!\i,
           `!`- '  


           _,,,..---..,,_
        ,r‐'´      .`ヽ、
.       ,f´        ,   `、
      f ,i'  ,i .'i,    `、  i,
      f ,!  ./.'i, 'i`、    `、  'i    ≪魔王剣≫の伝説にだけ、『他の魔王兵器によって封じられた』という
      ! !  /  'i, 'i, `ヽ、  i  i    記述が見られない……これは、なかなか興味深い。
      i, .i f-==.、`、 'i,  _`>、 !__i
      f''',! i'i''i''''ー,、 `、`<i'''''i''`i,!-`i    ま、所詮は全部推測に過ぎんがね。
.      i. V'i,`i''''''´ヽ,,,,r'ヾ'''''''´!  /
      `ーf'i'.、`ー ′ `ー- '人'i´     ……ん? 現在の≪魔王剣≫の在り処?
        し' >-< __ , イ´  U
        ,,,,__゚,r,''''''''i f'''''' 'i,__        君が知りたかったのはそれか?
.       f  i i 。 _,ir''i i   。!'7'ヽ
.      ,! :. /.''''日, i,_,! `7,、_,!.:::i, .`、
.      ,! :f,__  ヾ`ニニゞ'´ ::i::::::i  `、
      ,!. ::i::::::`..........,,,,.--.,,..::i;:::::i  `、
     ,!  i::,!::::::::::::',',:::::::::::::::::/'i;::::i   `、

470 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:16:54 ID:9EsXjoa6 [8/154]
 
         ,r‐ 、, -‐- 、
       ,r'´          `ヽ
      ,i'´.::..         ..:::::::....`ヽ、
     ,i' .:.::::::::. , ,   ...  .::::::::::::::::.. .:'i,
    ,i'::::::::::::::./i::::l,:::.. .;::::::... :::::::::::::::::::.:::'i,
.   ,i::i:::::::::::::/ i::::l 'i:::::..::i:::::::::::.:::::::::::::::::::::::'i,
  ,i:::i::::::::::::/ i::::i' 'i::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::i,    知らんよ。知っていたらすぐに私が出向いて買い叩いている。
  ,i:::i::::::、::/  .i::::l  'i:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ,i::::i:::::::::X   i::::l   'i::::::::::i::::::::;::::::::::::::::::::::i    だが、母体の≪勇者譚≫が有名すぎるからね。
 i'i::i::::::::ハlマi,  i:::l    'i::::::::i:::::::::i::::::::::::::::::::i    ≪魔王剣≫も同じく、魔王兵器の中では特別視されている。
 i i:ii::::i/‐t_ヒ|  !::i -‐ラ〒テ=t‐f'´::i::::::::::::;::::::i
 ! i'i i::i、_ノ`ヽrti- ヽヒツノ`i::i::::::i:::::::::::::i::::;i     裏マーケットに流れていたとしても、噂くらいにはなるだろう。
  ' 'i'iヽノ    i   `ヽ_,,r''i::i::/‐ 、:::::ノ::/
    ' `     `ー‐‐'′  !' / i:'"/       それがないということは……まだ埋まってるか、すでに失われたか。
      ヽ`ー--       ' ′.ノ/         あるいは案外、勇者の末裔が代々伝えたりしてるかもしれんな?
       ' ,      ,    l`´/´
        `ー--、'´     i::/            ……ん、そうか。帰るのか。
           i       i'
 .        ,-‐i      __j-             ああ、そうだ。奴に伝言を頼まれてくれないか?
         / ヽノ_, -‐ ' ´    i
.       ノ / i'´         _i_
   r-‐‐'7´/.  i      ,,r'''"´ `ヽ

471 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:17:10 ID:9EsXjoa6 [9/154]
 



    !iii\O .!  \___/ _.ゝ
    !/|iii(.) ヽ、     ー-f、、
   / .iiii|   \、   /  \。   ――例の件は、本当にお気の毒だった、と。
.   ┌┴──-、|`; ̄
.    |__    `~1_\
       `ヽ、 ./.::O, ヽ、
         \.|!:::::::;!\i,
           `!`- '  




         ,r‐ 、, -‐- 、
       ,r'´          `ヽ
      ,i'´.::..         ..:::::::....`ヽ、
     ,i' .:.::::::::. , ,   ...  .::::::::::::::::.. .:'i,
    ,i'::::::::::::::./i::::l,:::.. .;::::::... :::::::::::::::::::.:::'i,
.   ,i::i:::::::::::::/ i::::l 'i:::::..::i:::::::::::.:::::::::::::::::::::::'i,
  ,i:::i::::::::::::/ i::::i' 'i::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::i,
  ,i:::i::::::、::/  .i::::l  'i:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ,i::::i:::::::::X   i::::l   'i::::::::::i::::::::;::::::::::::::::::::::i     うん? どうした? そんな鳩が豆鉄砲食らったような顔をして?
 i'i::i::::::::ハlマi,  i:::l    'i::::::::i:::::::::i::::::::::::::::::::i
 i i:ii::::i/‐t_ヒ|  !::i -‐ラ〒テ=t‐f'´::i::::::::::::;::::::i     顔色が悪いぞ? 大丈夫か?
 ! i'i i::i、_ノ`ヽrti- ヽヒツノ`i::i::::::i:::::::::::::i::::;i
  ' 'i'iヽノ    i   `ヽ_,,r''i::i::/‐ 、:::::ノ::/      まあ、私も人並みに出世欲はあってね。
    ' `     `ー‐‐'′  !' / i:'"/
      ヽ`ー--       ' ′.ノ/         色々と情報網を作ったりしているんだが……
       ' ,      ,    l`´/´
        `ー--、'´     i::/            今回のこれは不可抗力だよ。たいした情報でもないだろう?
           i       i'
 .        ,-‐i      __j-             それで――はいつだね?
         / ヽノ_, -‐ ' ´    i
.       ノ / i'´         _i_           
   r-‐‐'7´/.  i      ,,r'''"´ `ヽ

472 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:17:29 ID:9EsXjoa6 [10/154]
 
           _,,,..---..,,_
        ,r‐'´      .`ヽ、
.       ,f´        ,   `、
      f ,i'  ,i .'i,    `、  i,
      f ,!  ./.'i, 'i`、    `、  'i
      ! !  /  'i, 'i, `ヽ、  i  i    ……おや、やぶ蛇だった。なるほど、情報が流れなかったのは意図的なものだったか。
      i, .i f-==.、`、 'i,  _`>、 !__i
      f''',! i'i''i''''ー,、 `、`<i'''''i''`i,!-`i    しかし、解せないな。それが奴にとってスキャンダルになり得るとは思えんが。
.      i. V'i,`i''''''´ヽ,,,,r'ヾ'''''''´!  /
      `ーf'i'.、`ー ′ `ー- '人'i´     奴の過失というわけでもないのだろう?
        し' >-< __ , イ´  U
        ,,,,__゚,r,''''''''i f'''''' 'i,__       何故、君は――
.       f  i i 。 _,ir''i i   。!'7'ヽ
.      ,! :. /.''''日, i,_,! `7,、_,!.:::i, .`、
.      ,! :f,__  ヾ`ニニゞ'´ ::i::::::i  `、
      ,!. ::i::::::`..........,,,,.--.,,..::i;:::::i  `、



               __
             /    ヽ、
            / /、/| l、ヽl
            | (.l/マヽl | |y
            ヽ、l 、 マン' ∬
            , -rヘ_r‐'ry≠・
           / ヽ V()〉「 rヘ、  二    まあ、いいさ。
             /  」  , 〉、ヽ .ノ ニ三
         〈 ーヘ,    !  ̄ニ三ニ     デスクワーク派だが、私も発掘魔法学者の端くれ。
   _ _ _ニ_\//うニロコ 三三ニ
 _ニ三二三二三ニ_{~´  l」 | 三三三      研究を盗まれないための自衛機構くらいは、構築しているよ。
ニ三二三二三二三二    ニ三三三
二三く{}ヽニ <{}ン二三二 三三三三       ――尋問は手足を喰らってからするとしようか。
三二三二三二三二三ニニ三三三
二三二三二三二三ニ ̄ 二三三三ニ
三三三三三三三三三三三三三三三三

473 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:17:48 ID:9EsXjoa6 [11/154]
 














                                    【Side.とある研究者の場合#F】【了】

474 名前: ◆hAUj44AIns[] 投稿日:2010/09/28(火) 21:18:30 ID:9EsXjoa6 [12/154]
以上、番外編。

では次に本編。十話後編となります。



     やる夫は極悪非道のようです 第10話 後編


作品総合まとめリンク
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://acjryvnedk.blog54.fc2.com/tb.php/1443-340993dd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。