スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やる夫は無限のソウルのようです 第3章 ~intermission~ 「歴史に現れた無限のソウルたち」

 2009-11-02
96 名前:名無しのやる夫だお;[] 投稿日:2009/10/31(土) 23:23:19 ID:DhYnWHic
パンタ・レイの出番なくなった?

97 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:36:17 ID:Y6kcyHq6
禁呪を前倒しで取っただけで、パンタ・レイ戦はちゃんとある予定ですよー

クリュセイスはイベント進めるうちにすごく情がわくキャラですよね
エンディング迎えようと思ったら、めちゃくちゃ手間かかるけど……
そしてお嬢様攻略中はパーティーにユーリスを入れて
ことあるごとに意見を聞くとたのしい。

では、幕間解説で六英雄+αの話を投下します
98 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:36:47 ID:Y6kcyHq6

~ intermission ~  「 歴史に現れた無限のソウルたち 」


              /|
             /   !
           /    !
\_,, ― ''  ̄  ̄'     │
                 `゙''-、
                    ヽ
                      ヽ
      .,.           .\   |      魔人緋勇と!
     /        \      |
                  ヽ     |
                  /     ,ノ
                      .,r
             ---‐     ,,,/
-,,,,_、          .,,,,,,--''″
  ` ̄"'''¬―一'''''',ニア゛\
            / .,rヘr,,_ \


                                        .. :':/
                               /  /:::; ' _
                    .            (:(   〃::::/:´::::::::::`ヽ_ ノ
                    .            ヽヽ i::::::::{::::::::::::::'´::::::::::::`丶.    ノ
                             , .-―-'´、::ヽ:::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::`__彡′
                    .      /⌒> '::::::::::>,::':i::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、__
                             ′:::::::'::::::://{:ヽ:::\::::::::::::ノ::::::::::ヽ:::::/⌒
                            {::/ /::: ,′:人::::`丶、_彡'、:::`ヽ:;:ヽ'
                            /::::,:'::::::/:::::::/ ヽ:::::\  _ -‐ヽ::::::}::`ヽ__
                            ,′/:::::::,':::/{.  __`丶、'´   _,.、 )/:::::::::):::`ヽ
       賢者長門 の!          ,::/ i::::/:{ :i ´  ̄  、    ィらうY'i:::::::::::::;>'´`)  _
                            i ′|:/|::λヽ. ハてうミ    マ__リ  !、_ヽ.   ,.: ´:::::::::::`丶
                            {  '{ 乂::ゝ-ヽ マ__::!  、      ;人)  .) /:/::::::::::::::::::::/
                    .           {::::::/ヽヽ       ..     /____/: .:/:::::::::::::::::: /
                    .        __  _{.i_}ハ:>、        /:::::::::::/: : /::::::::::::::::::, '
                           \ヽ:.:.:.:l l:.:.:.:.:ノ:.:ヽ`≧=- ' V:::::::/.:.:..:,.':::::::::::::::::::/
                             /\ヽ.l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}    ヽ,/:.:.:.:.: /ー 、 ̄
                             ,':.:.:./ ,    \:.:.:.:.:.:.:.:.\/ ̄_l:.:.:.: : /    i
                    .        i:.:.:.:{ ヽ_/ / `丶、\:.\/: :l__:.:/   .i  \      .|\
                    .        l__:`ー(/ {      `丶rヽ-' {ヽ    l/   \   l;';/
                                  /i   ヽ  r――‐{       }――i/三三 i   |/
                    .             / .l    V.∨!;';';';';';'∧     \;';';';';';|   二二|_ /
                                 ′.|    Vヽ|;';';';';';';';';'ヽ     ヽ_;!/ {__/'⌒´
                                 i/|    }ヽ|';';';';';';';'';';'|; \     `丶}
                              |/ '     { |;';';';';';';';';';'|; ;|;';\      ,'
                                 ヽ__ヽ    /!_____!;_;!___丶、   /     _
                                   \ / Y`丶、\;';';''V/ノー' ,.ー':.ヽ__

99 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:37:28 ID:Y6kcyHq6


                                                     -─――- 、__
                                                  '´             `丶、
                                                /                  ヽ
                                            _ /       /         \    ',
              /|                             ̄/ /   /   /     ヽ     ヽ    l
             /   !                             / / /  /     {      } |\  ヽ │  {
           /    !                   .           /イ:! /|  |- ─‐ハ   ノ -/―ヽ- !  |   ヘ
\_,, ― ''  ̄  ̄'     │                           |l | レ l|  ∧∧_/__ハ /ノ/__∨| /   ト ゝ
                 `゙''-、                         リ | 小. | fTテ示〒∨   〒示テf∨   |
                    ヽ                         ∨´|ヘ∧{ハ::::::::::}      {:::::::::::ハl}  |∨リ
                      ヽ   「 なぜなにジルオール! 」    ゝ_|   ハ  ゝ- '      ゝ-- 'ノ  | _)
      .,.           .\   |                         │ j人xxx.    _   xxx才   /´
     /        \      |                         ヽ Ⅳ >  _ ‘ ’  _ イ/|  /
                  ヽ     |                          ∨ \| \ __j  ̄ i/ |/ |/
                  /     ,ノ                                八Y__Y八
                      .,r                           _/三\ /  |__/  ヽ /\_
             ---‐     ,,,/                            |´ ̄\ヾ\   |__,/  /彡/´|
-,,,,_、          .,,,,,,--''″                            r┴-、ネ \ヾ\ │ / /彡/ /⌒ヽ
  ` ̄"'''¬―一'''''',ニア゛\                              |   ヽ コ 丶=ミ≧≦三彡'´  /    l
            / .,rヘr,,_ \                             \   }  の 本 | 猫│     {    │





/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.           というわけで今日は、
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、          バイアシオン大陸の歴史上にその名をとどめている
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/            『 無限のソウル 』 たちを紹介していきたいと思う。
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ
   \ヽ、 _ , イ!::/   ∧_∧
  / ヽ{  ト、ヽ l:′  (´<_`  )
 ∧\  マ三ソ| \   /   ⌒i         ふむ。
./: : \\ ヾ-〃 _ !______| |         いや、しかしな……
l; : : : : \\」リ/        / |
i: : : :::\::\i../  黄龍器  /..| .|

100 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:38:02 ID:Y6kcyHq6

     ∧_∧
     ( ´_ゝ`)              実は、やる夫たちが活躍している神聖歴1202年に至るまで、
    /    .__\             厳密な意味で 『 無限のソウル 』 と呼べる者は、
___(_つ_(___)___        この世界にはまだ出現していないんだ




          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j       これには、少々説明を要する。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.   _ ' /〈リヽ         まず、ソウルとは何か? そこから始めなければならない。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,        この世界では、誰かの役に立ったり、願いを叶えたりして
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/        感謝された者は、心の力――ソウルポイントを得る。
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、         そして得たソウルポイントで、自分の心を育てていく……
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',
           } \    /}<ム>∧.ヘ
         {   ヽ、___/ l丁{{ |}}  〉ハ

101 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:38:37 ID:Y6kcyHq6


    ∧_∧             で、心の成長に伴って、「ソウル」を宿すことができるようになる。
   (  ´_ゝ)            ここでいうソウルっていうのは、いわば守護霊のようなものだ
   /   \_ /つ
  /      _/          ソウルポイントをいっぱいためた奴ほど、強いソウルを宿せる……
__(__ニつ___|___        ひらたく言えば人様の役に立ってる奴ほど、守護霊も強いってこった



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ       宿したソウルは、自分の心身の成長を促してくれる
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1      そして強いソウルほど、成長促進作用は顕著。
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'       また、ソウルによって宿すことができる条件も違うし、
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"         促進されるパラメータの傾向も違う。
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./            たとえば、やる夫が今宿しているソウルは
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/             “ファニーフェイス”……
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>

102 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:39:10 ID:Y6kcyHq6


        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ          「 これは、愛嬌のある表情で人を楽しませる道化師のソウル。
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、          このソウルを宿すことができるのは、いくばくかの探究心と、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))       冷静な観察眼、そして圧倒的な優しさの持ち主のみ……
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /            力や魔力の伸びはからっきしだが、驚異的なスピードと器用さの
    ヽ_ ノ       │             成長をもたらしてくれる 」




      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \          「 やらない夫が宿すロウフルブレードは、
  }         \_/   /./ \,  ,/ \          高潔で忠誠心厚い、国を守る騎士のソウル。
  {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
  ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |          これを宿すにはかなりの勇敢さと優しさ、
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |          そして多少の信仰心が必要。
    ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |
      `゛ー<  /    ヽ        /           主に力、体力、精神力を成長させてくれる 」
          ∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ

103 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:39:53 ID:Y6kcyHq6


           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }      ……話を戻す。
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//        厳密な意味での 『 無限のソウル 』 とは、
        ` レヽ ! ̄   ' └' //         もっとも神に近い究極のソウル、“インフィニティア”を宿した者を指す
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W           だが有史以来、いまだインフィニティアを宿したものは存在しない。
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤      緋勇龍麻が「無限のソウルは、この世界にいまだ出現していない」
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、      と言ったのは、そういうこと。
         /::::::::::::レ┐    |  |   {  l
         〈:::_/::{  ]    |  |  └,ヘ
       /::´::::::::::>ー'    │ !     !::}
        {::::::::::/::|_____|_|_, ---':ソ
       `ー‐フ:::::::::::::::|/廾、ヽ:::|`ー‐ ´
          /:::::::::::::::::|∨| || V::::|



     ⊂_ヽ、
      .\\ Λ_Λ         そしてインフィニティアを宿す資格を持つ、大きな魂の器の持ち主は
         \ ( ´_ゝ`)         『 大いなるソウル 』 と呼ばれる。
          >‎  ⌒ヽ
         /    へ \       現在ではやる夫、ヨーコ、ナナリーの3人が 『 大いなるソウル 』 だな
          /    /   \\
        レ  ノ     ヽ_つ    そして歴史上、記録に残っている大いなるソウルは8名存在する。
       /  /
  ____/_/|__

104 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:40:46 ID:Y6kcyHq6


          /.:.:.         \
            /:,:.:.:  /   ヽ    \
         /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
          /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
       /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
        N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
         ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
              `ヘ:ゝ    .'    小/        世にいう六英雄……
                ヾ:{>、 _ ィ<}/|/         アリアロ、イグザクス、ストラ、ノクサ、ライギロア、マノン。
          _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
        /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ       ナナリーが抜いた剣 “天動地鳴” の元の持ち主、勇者シルヴァ。
         /  | l:l   l     l   l::l l
          l  ヽハ    l    l  //  |       そして、ハクオロ28騎駆けに参加した冒険者、ジリオン。
       ハ  ヾヽ  l   l  // l l
         | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|        ・ ・ ・ ・. ・ ・ .・ ・
        ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|       記録に残っているのは、この8名。
       {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ
      j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }
      {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ
      `ー‐イ      | { { {T'┬='ーく |
          | |    ∨  〉〉〈( j    }|
          K_/x'⌒{\'-' ‐}>└r‐xヘ}|



  ∧_∧
  ( ´_ゝ`) (~つ━・~~
  i⌒   \| |             そして、記録にこそ残っていないが、
  | |   r | |-、            やる夫たちの物語に、多大な影響を及ぼしている奴らが2名いる。
  | |. __ |\_.ノ |
  | |/  ヽ∨ .| │           通称、“王城のある大都市スタート主人公”と、
  | | |   |  ,|  |_           “忘れられた大いなるソウル”だ
⊂uノ-|   |- ´(__ )
     |   |
    (__)

105 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:41:38 ID:Y6kcyHq6

                   _ .. _
              ,...‐.:' .´. ,::':´.:::::``:丶、.
            /:::::::.....:::. .:::::::::::.::`:ヽ、::`ヽ、
              /:.:::::: : : : .:::: : :..:::.:.::::::::::.:::::ヽ::::::ヽ
            〃:/: : : : : ::::: : : ::::::::::::ヽ::::::::::::ヾ、:::ヽ
          /: :/: : : : :.: : :::::: ::..:::..:::::::::::::ヽ::::::、::::::::::::ヽ
.         / ../: : : : ::i:.:;:.:.::::::::::::.:::i:::::::、:::::ヽ:::::l::::::::::::::ヽ
       / . :l: : l..i: :.ハ :l .:.:ト::::、.:::::lヽ:::ヽ::::::';::::l::::::::::::::::ヽ       では、彼らがいかなる人物であったか
        / .: :.l::::::l:ヘ:::l ';l\l \、、:::l ヾヽヽ::';::l:::::::l:::::::ヽヽ       時代を追って見ていくことにしよう
        // l.:.:l:.:.:.:゙|-゙+- ゙.._ ヽ  ヽヾ、 _.ゝ斗V":::::::l:::::::::::トミz、
.      // .,l:.:.l:.:.:.:.:l _...._ 、`     ´' __....._l:::::::::::l、:::::::/l  `     以下、AAはイメージと思ってみてほしい。
     /'l∧:;イf^!::: .:〈fr,::::::`r     ィf_,:::::::::トァ:::::f }:;、:/
      ' /^ l:ヽヘ:::::::l っ'.:.:.:l         っ':.:.:jj::::::::/.':/ ′
        ヾ、マ、::::::', ー一′      ー‐/'::::::/ヘ/          まずは、六英雄のひとり、古代の聖人ノクサ。
           `゙、:::::', _,..     '       /':::::/゙′
           _ ィゝ‐"_,ィ'′  ‐=‐   _ イ':::/\
       _   _ '"´ー.<ヾミ`Tハ 、_ , ‐7 V/l   ` 、
      ∧>'´    _` / `ヘミl、_      // ′     /:ゝ
   /:.::ヽ、    _,、`〈    `ト 、_   _´,ィ        /://\
   /.:.:..:::::::`‐ェ.'´',ヽ-ヘ    l- 、_ ̄_ -l       /:// /l
  /.:.:.:.::::::::::::::::f´::ヽヽ:ヽ    l`ヽ、_ -‐7     /:///::.:.: l
  /:、.:.:.::::::::::::/::l、::l:::ヽヽ::ヽ  l     l    /; '//:::::::.:.:.:.l


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ヾ 、
     /i             ', ヽ/i
    ,' .|          r―弋'ヽ ',
    i .!          ヽ  .イ‐'i\l
    i  ヽ    ____..,,___, |/.|  !
    .',  \- '''     ` ヽ./   i
    `ゝ、   ゝ、        ヽ、'
    ,.'  ヽ、  ,. -     '"´  `ヾ:
   .,'      ,. '´    r⌒ヽ      ':,
   i    / / /   i   !.  !   ! i
   |   i ,'  ,' /! /| ハ /|__,/i   /  !     「 ノクサは人間ではなく、月神セリューンの眷属である
   i   ! /  .! /-レ'‐ |/ レ' !_/、|/i.  ,'       妖精種族ヴィップ族だった。
    .!  レ'  ァ-r-‐=ァ'、  '7i´ リ .〉7 ./
   i  / ., 〈  k.__,ソ     'ー'ン'i/レ'i         豊饒の女神レイティアの神官で、
   | ,:'/| ハ`' ー     .    '",ハ ',        自然と放浪をこよなく愛したという 」
    !/ , レi ト.、,'"'" `ー‐  , イ i !':,
   .!  !  | ! ,|`i '=ー--r<´i. | レ' ヽ.
   |  i  ,.! |7':i`ト、>rrく!/::::::i  、.,!..__  ':,
   |  ! / .| |/:!::::',/ i /:::::::/|  |   \  ',              【 至聖賢君 ノクサ 】
   !  ! i '、! |:::| ̄ヽ, !/ ̄''/:! /    ',. |
   |   ! .!  V:::::';  (⌒):::;::'":::::レ7     ,' /
   !.  | ';__i:::::/''/::,i \:::::::イゝ_ _/!./
   .!  !. ソ/.!:::!__...,i:::::!,,,__,i::::::;;_i /ソ'"´''',i ' 、,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ヴィップ族=原作ゲームの角有種族コーンス。
  高い知性と魔力を持つ種族だが、特徴的な外見から人間に迫害されている。
  やらない夫と、ウルカーン長老キル夫はこのヴィップ族である

106 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:42:26 ID:Y6kcyHq6


            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',        次に、神聖歴3世紀末に生きた拳士ライギロア。
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!       彼は、これも月神セリューンの眷属である
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,!         吸血妖精種族ダルケニスであり、
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/         逆らうものは拳で叩き伏せる無頼の徒だった
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,,, -'''"""""""''-- ,__
            /    /,, __     `ヽ、
           /  ///      ..   ... ヽ
          / ,、i i  / /// /      'ヽ
         / i,,/ ``、ヽl i i  /  ノ ノ ノ /  ヽ
         /( i'   ..::::::``ii, , //ノノ/,; ',,,  ノノ   l
          iヽ/  ..::: :::     ) )    彡 彡'  |
         ;ミ!   :: ..: ::   /ノ    彡 _,, '  .ノ      「 しかし、神龍の怒りに触れたリメルダという街が
        ;ミi(((ii,、 : : :::: /.      彡 _,, ' .ノ        隕石を落とされた時、落ちてくる隕石を
__,,, --------;ミlヽi_\((  O .:      彡  ノノ.ノ         拳で破壊したことから、ライギロアは
::::::::::::::::::::::::::::::`| ''\u`、ミi、' i、_,,,,, -'''))) ヽン / ノ          英雄と呼ばれるようになったという 」
_________::::::::::::::::::|    ̄~/ ミ `、ーu-';_,;;;;''' ),ノ) ノ、
    |:::::::::::::::::| .......:: / '~ :::ヽ ̄~~~  /__ノー'---、__
  .  !:::::::::::::: l| .: , ./、  、 :.     ..:;;/、  `::    ヽ
     i:::/ ̄'i | ::.ヽ ヽ ー'''' :     .::;i~ :: ::. ::
:..    ヽ :  ,i |  .~''- ,,,,___    ,;/`::..   :::__,, ----=          【 ダルケニスの拳士  ライギロア 】
:::::::...   ヽ : i ::| .:"'' ..,,,     /i`:::::: .::::::./
\::::::...   \| :::|   :::     ,, -''"::: \ :::::::/
;;;;;;\:::::......  \:: `''- ,,_,, -''" .:_;;--''" \/;;;;,/   ::::::
;;;;;;;;;;;;\::::::...   ヽ、 :::::::::::: , -''"     ,::ヽ、/   :::::::
;:;;;;;;;;;;;;;;;;`'- ;,,__    `---<'~.........:::::::;;;'''ノ;;;;;;;;;;)::  ::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''- ,,_______,,`-''''''''''''''//ノ);;;;;;/ ::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

107 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:43:13 ID:Y6kcyHq6


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!       ……なお、リメルダの街の災厄には、
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |       エルフの神龍神官、朝倉涼子が関与していた。
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´            続いて、神聖歴6世紀末の勇者イグザクス。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '              彼は天空神ノトゥーンを奉じる宗教国家、
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '               神聖王国アルレシアの騎士団長であり、
      /      \__{ヽ、                 女王サラミスの恋人だった。
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    _
             _,..- ー ' ' " /
         /-ー''"´:::::::::::::::::::::/
      _,-ー''"´``‐-、:::::::::::::/
     /_-ー─‐-、ヽ \:::::::``‐- 、
  _,-''"|l/ヽ::::::....  |ヽ__,.-l、::::::::::::::::::``‐-、
  |::::::::::|""||ヽ:::::::... |::::|l o]::::::::::::_,..-ー''"´
  |:::::::::::|  || |::::::::.. |:::::ヽ-ヽ::::::::く
. |:|::::::::::|  ||._, |:::::::...|ヽ/⌒ヽ |::::::::|
 |l |::::::::/ト | ヽ |::::::..| レ、__ノ、::::::::::::::|
 | |::::::/ l) | ''"|::::::| ノヽ:ヽ::::|``‐::」       「 だが、サミラスは急激な宗教改革を推し進め、
 l  |:::::| ヽ _ _ |::::|/ /⌒ ̄``‐-、         また商業を悪徳として激しく弾圧した。
.   |::|    ` ‐ ´ヽ|、 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
.    |l    (;;;;;;;;;/ l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ         イグザクスは追放された商人たちを率いてアルレシアを離れ、
    |   \;;;;;;ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          自由商業都市リベルダムを建国した 」
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
        /;;;;//;;//;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;|
        /;;;;//;;//;;;;;;;;;;;;;,,, ,, ,|
       /;;;;;6;;;;;6;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,, ,,, |
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;,,,;;,,;|           【 リベルダムの建国者 イグザクス 】
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     /‐-.|``‐--ー──''ヽ;;;;;;;;;;;;;;/
     |ヽ ト 、l l__ ヽ l、__,.┘
     |  t |   l    く     |
     ``‐'"|   |l   ヽ/   l
           |   ||    ヽ_,..-'´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

108 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:43:58 ID:Y6kcyHq6

              / ,イ    ,、-─-、  ,、-─-、,  \
               /レ'厶‐ァ_/    ,__, ,イ__ ゙'ヽ、ヾ、ミ、ヽ
            /    / ///厂`'´⌒ヾ、ミヽ\、ヾ、ヽ
            /      /  ////       lハヽ、ヾ,\ |
          /     /   ///        || l l  l  |
          ノ /   |   // //         || | |  | |
     ニニ二 イ/    |   //-‐!|、,_           _||-‐l | |  !       「 サミラスはおのれの理想を貫くため
          /  /  ! / /  i/   ゙ヽ      '´l __ _| |│ |         イグザクス追討令を出したが、
         / /!   | | /  ,H‐- 、_       イ __ _| |│ |         同時に彼を愛し続けてもいた
         //!/!  /! | | |__|土==-_      ,〒ァ7 !|| ! 八
        ////   /!| | |,ヘ‐| |ヽ ゚ ノ `      `ー'_ノ!川 |  !       一度きりの逢瀬で
        ||//!|  /!|| | ト、!ヽ!ト-‐一    {     ̄  || | |  ト、      彼女とイグザクスの間に生まれた子が、
        ||//!| /川 | | T | !             ノ/ 人 ヽ\     のちの第40代神聖王となる 」
      _,,--l| /| ハ| | | | | || ト 、,    -‐一  _, イ///∧ \ |\ヽ
   _/ ̄   |∧! |‐-ト、!l |_|_ハヽ ̄ヽ-、,_  _, イ  ||// / ||  ト、! ヾ、_
  /  _,、-─|/‐| |─-ヽ /  ゙ヾ、=-、゙''-、,,  ̄ |¬-、|// /ノ | | \、
/,-‐''"      | |--_/    ヽ\ \  `ー┴一'// // /|| /   \
勹    ,、-‐'''" ~ ,||/|       厂 !、, ヽ、     //// | |
ノ,,、-‐''"  ,,、-'" /!/        〈  /!、`ー \  / /   リ
"    ,、-'   〈          `ー!リl ゙ヽ、    く_  〈- 、
    /     /! ∧            i川ト、, ゙ヾ、   /  \           【 第39代神聖王 サミラス 】
 ,、‐'"      / ヘ!超ヽ         /ソ ))\`ー--イ ゚Oo。 !
′        /,/ ヽ 占゙、        {巛⌒Yヽ`ー-'´  ゚〇O!
      /! /  || 、事ヘ       `ート┴◯      ◯ 〇
    /ヽヽ    ゙!'、略ヽ         ゙ヾヘ ◯      ○ ○
   /!  `ー    ll ゙、決 >        く ̄ヽ   ◯OoO○  ○
  / !       ヽ!            \,-!_       /   ○




          ∧__∧
        ⊂( ´_ゝ`)つ━・~~~
      ///   /_/:::::/         なんつーか、男と女の間のことは、
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」         本人同士にしかわかんねーよな……
    / ̄ ̄┗┛[] ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------| |

109 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:44:41 ID:Y6kcyHq6


            ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄く
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
 、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
   ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.    l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、     同意。
   l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
   l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !       続けて、これもリベルダムの関係者、ストラ・フゴー。
    ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.      ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/        現在のリベルダムの大富豪オプーナ・フゴーは、
.       j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/          ストラの子孫にあたる。
         V: :lヽ、   _     /j/!/
          ヽ: ! >   __.. ィ
       rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
      ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
    /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
    ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
    ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
   | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
    ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/        「 神聖歴8世紀に活躍したストラは著名な冒険者にして義賊であり、
          ___            冒険で得た富は貧しい人々に分け与えた
       /    \
     / ⌒  ⌒ \
     |   ・ .. ・   |        彼はのちに貿易商人となって、リベルダムの発展に寄与した
     |    `ー'   |         また、現在のギルド組織の基礎を作った人物でもある 」
    /\____/ヽ
  /__/__   __ヽ__\
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ          【 真に富めるもの  ストラ・フゴー 】
 |_7|_ ____ __ F !」
    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
     _,|ー-┼┼-ー│_
    .(_|__| |___|_)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

110 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:45:13 ID:Y6kcyHq6

     ∧_∧
    ( ´_ゝ`)  r-っ
    /⌒ヽ/  / _)
   | \\//           第1章の10話で、やる夫が無実の罪を着せられそうになった時、
   |  \/             助け船を出したオプーナが
   |  ∧二つ
   |  \              「自分の先祖も高名な冒険者だった」
   / /\ \
   / /  > )             って言ってたの、覚えてくれてるか?
  / ノ  / /             それが、このストラのことさ
 / /   / /
`/ /   ( ヽ
(_)   \_つ



  /:::i::::::::::::/:::::::::,i:::::::/i::::::/|::::::::::::::::::|、::::::::.\::::::::l:::::::::::::i:::;:::::.ヽ.
 .i::::j゙::::::::;イ :::::::::l|::::/ l:::::l l;:::i;::::::::::::l.\::.ヽ;::\:::l:::::::::::::|::li:::::::::.ヽ.
 l::/|:::::::/:i:::::::::::|.|:::i  l ::| ヽ::lヽ、:::::::l  \:.ヽ;::.ヽl::::::::::::l::|:l:::::::::::ト\
 |:! |::::::l;:;:|::::::::::;H::!ー- _l;;|   ヽ!、ヽ__;;}-‐'''ヽ~゙\::|:::::::::::|::|:::l:::::i::::|
 |! l:::::|l;:;:l::::::::::| l;|  、.|!`   ヾ ´ >! ,;z==ュ、 `l:::::::::;l:::l:::::l::∧::l      大いなるソウルの子孫として、
   ヽ;:l l;:l、::::::::l     ヽ       /゙K)::iii::::! j !::::::::;l:::l^i::|:| レ゙      やる夫に何か感じるところが
    ヽ ヽ|i、::::l:|             b:::lll::::l  ,!:::::::;!:: l ∧|l         あったのかもしれない。
          l::ヘN, ゞ=r'''"゙       ヾ:;;;;;;ノ ,!::::::/::::;レ゙ .|!
        l;:::::::lヽ      、         /::::::/::::/
        l;::::::|::ト、.   r 、 _ _       ,イ:::;イ::::/             そして次は、六英雄の中でも
         .!::::l::|. ゙' 、 .|  !      ,.::':/::;/ .|::/              変わり種……
           ヾ;:|:|.   ゙l  !   ,,..: '" /:;イ  j/
          ヽ!  _,,ィ!  ,!゙''' ", -=、 /'゙ .ト.、_
           ,,r'''::::/  .,!.  /  /   l:::::::゙'''::.、

111 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:46:16 ID:Y6kcyHq6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             _ __ _
         ,. .:'"´. :. :. :. :. ``ヽイ
       ,. ´ . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :`.ニフ´
       / .: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..\
     /.:.//.:.:/ハ.:.:.:\ .: .: . :.:.:. : .: .:.:.ヽ       「 ある意味で、かつて大陸全土を治めていた
      {: :l:.l:l.:.:l ハヽ.:.ヽ.\:ヽ),ィ }:.!l.Ⅳ         神聖王国アルレシアを滅ぼした張本人――
      l: :l: l:l.::lVニヽ\|\|∠リ 从:ノ.:lノ
     l: :V l: :チ´ l.1 !    ! l:1 彡.:.:}          神聖歴8世紀末のアルレシアの騎士団長、
    __ノ: :いト、{ミ _りノ    、りノ i :Ⅵ          槍の名手アリアロ 」
    `フ.:.:./.:.:.:.{      ′  人/L
    //Vハ.:.:.: ト.、  `ー‐‐' ,.イ ´ ̄`ヽ
     ,r‐ < |\ヽ、 __ ,. イ |     l !
     / / / ) |  \ / \l_ ⊥__ l / |
     ∧    )´ ̄``Y~~Y´    /1  |
    / 〉  イ     L__ノ    〈 ! 〈
   / ,.イ L /l   ,. イ `ヽ\ __」!  i
  / ´  L ̄`ハ¨¨´ヽ、\ __ノ/  l  L             【 最後の神聖騎士 アリアロ 】
 ′   `フ´ 〉  i   `丶く   ノ   `ヽ
 ヽ __/   ハ  ノ 0   0 L_  \    \
        /   〉       ',   〉    「`ヽ
        /   /        i  /ヽ\ __ノ/ /`ー- 、
      /\ / 0     0  l /  \\``ヽ _つ ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                  ; - ' ´::::::::::::::::::::` ‐、.
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ノイ:::::::::::;ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', `     「 彼女は第55代神聖王レムゲドンの
              ,'::::::::// ,'::::i:::::::::',ヽ::::ト;:::::::i:::::::::::i        妹として、共に育った
              !;イ:/ノ//:l';:::!ヽ::',ヽ \! ';:l';:l::::i::::::ト、
             ノ/ ///7ー-、 ` ‐ , イユTリ::::ト;::::ト       実際には幼少時、政争に巻き込まれていた
            / '´  ,' / ヾソ       └ソ::::ノlノ:::i:!       レムゲドンをかくまった臣下の娘であり、
            , '   !   /l '''    ,     ノ;イ:;':::l';:!       レムゲドン即位後は騎士として彼に仕える 」
          __/   ノ   ノ:::::',   __ ,  ノ:::;イ:l';!
         /:.:.:ヽ  , -‐'´イ:; イ` .、     /ヽノ` ‐、
        /:.:.:.:.:.:.:\',  /:.:.:.:ト、  ` ー '´ノ  〉:.:.:.:.:,ゝ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ー\:.:.:.:.:', ` ‐-     /:.:.:/ー--、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:ヽ:.:.:.:\/:.ヽ  、 _ /:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:;':.:',
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:く:.:.:.:.:\    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.i
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.__r-:.` ‐、:.:.ヽー /:.:/_:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:l
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:l:`‐-、ノ:.:.:.:.:i\', //:';.:.:.:.:.:.:.:.: ̄l:.l:.:.:.:.:.:l
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.; -‐ー i:.「:.:.:.:o:.:./:.l:.:.:l:o:.:.:.l` ‐r-r‐ '´l:.l:.:.:.:./7      【 狂王 レムゲドン 】
   ヽ:.:.:.:.:.:.; r‐ ' ´    l:.l:` ‐rイ:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.l:.l:.:.://
      ̄          l:.l:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.!:.:.:./:.l/:.:.:l
                l:.` ‐-:.:.:.:' ´:.:.:.:l:o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.l

112 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:46:56 ID:Y6kcyHq6


    ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、
    l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __
   /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|
   //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|
  //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|
  //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..      「 レムゲドンは、衰退に向かっていた
  `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|        神聖王国を建て直す力を得るため、
  |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|        アリアロの大いなるソウルの力を使って
  |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i       エンシャント魔道の塔の封印を破った 」
  |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|
,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|
|:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|
|:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|
|:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
|/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:'  ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;|
;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|
;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__
'"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,



                          , ,__,._rフノ三ニ=-
                       ト、彡彡'三彡彡彡⌒ミヽ彡ミ
                          巛 l ヽ.Vト、彡'/三ミ三ミニミミ彡ノ
                     ヽト、ll|  〉 | ハ/////彡ニニニニミヽ'
                  il|、_ハ._〉`丁川Lノ//ノ/彡⌒ミミi川ミミ三
                 ミ、ミ三三ミミV/////ノ//ミミミi川ノノ三ミミ
                ,.--、≧ミミミr‐f⌒(__)ニ入ミミ三ミ//〈__,二二ミ
        。・・。.  。_ rく___ノ __ヽソ ーヽ-' _ノ |lト、ミ三ニ、ミミミミミヽヽ    「 この地に封印されていたのは
       。゚  .。・:{(__)ヽ'八ー'(_ )l\ i j/  __,,>_ヽミ//ヽ.})川|ヽミミ       かつてノトゥーンの祝福を受け、
      :  。゚ <二〉 / ̄ ̄ヽ<二弋テ}'-‐'f‐t:テブ´ ヾ/リ./ノハヽミミミ       魔道王国ラドラスを治めていた
       : 。゚   ,(○!: : : : : ノ○)l   /! '´ l  ̄    (⌒Yヽ巛ミミ、ヽヽ      不老不死の王、カーズ…… 」
      :。゜   / \ヽ: : : :/-ン ,ハ lノ __      f⌒V  ',川川,},}j
     .。:゚  / `ヽ /ヽ ‐,'|〈_入{__ハ ヽ-'__,.     >‐<   Vノノノ八
    。゜ : /`ヽ /∨´|lvj人 _ 〉__ハ.`ー‐_'    /└-'    ノ ̄了ミ
    .:  。゚{ ー‐、' \, |ー'`´!  /  巛',`匸  /    _... -‐::: ̄::::::{ミミ
   。゚  。゜ _i  ヽ \,ヘノ    /   __ヽー─≦-‐::: ̄::::-‐:::: ̄::__:::::\       【 おごれる王 カーズ 】
  :  。゜ //\    _,. -‐ァ'   __rf´:::::::::_::::::::::-‐::::_ ̄::-─::: ̄::::::::::ノ:
   ゚。・__./\  丶--' _/! ,...<::_ヽ_:::::__:::::-‐:: ̄:::::::::::::::::__:::::-::::´:::::::
 ,  ´  /  丶、二二 ..ノ:; '"´ \  \:::::::::ー‐:----:─::::-=三三二
   /,'   ,.'二二、ヽ //   ,. -‐ヽ'´ ̄ ̄ ̄ /::::::::::::::::::::::::::__:::::::

113 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:47:46 ID:Y6kcyHq6

 
             ,.イ ' ´ ̄ ̄` ' ーイ
             /           ` ‐ァ
             ト、   ` ‐ 、      フ
             /ノ ト、 ヽ、__ ,.ゝ` ‐、  ス
            ノノ,' lrュ、  ィェァ',  ヽ、`ヽ                  ,  -
            ,イ/,ィ',rァ-,-r- 、 ', ヽ ゞ' ´             , - '"´  (__ , - ' ´
               /! ヽi l_ プ´ ̄7     , - ' ´  ̄/
              l    l    //イ二ゝ ' ´ ,  - ─/
                  l    l  /  /\_ , -'´   /  , - ' ´
               ',   〈__ /ー- 、\二二-‐'´, -'´        , - '"´
           , - '´:::ヽ / 入` ‐ 、.___ノ',ー- 、` ‐----‐ ' ´, - ' ´- 、
          /:::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ` ‐--- ‐ ' ´      ` ‐、
          l:::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          l:::::::::::::::::::く。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        
          l:::::::::::::::::::o::::゚::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::7      「 レムゲドンはカーズに超人類の力を
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       与えられたが、力に精神が追い付かず、
             l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        暴走して狂王と呼ばれるようになる 」
          l:::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「
         l:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::7
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐、
         l::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           ̄ l::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::l
               l::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::l

114 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:48:16 ID:Y6kcyHq6

                    ,  - ─ -  、          「 彼の理想のためと信じて封印を破ったアリアロは
                    / : : : : : : : : : : : : : ` ‐、         大いに嘆き、レムゲドンを救おうとするが
               , -'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \        万策つきて、彼を解放するために殺害した
             , -'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : ヽ
         ー-‐ '´: : : : : : : i: : : : '; : : : : : : : : : : : : : ',ヽ : ',      これにより神聖王国は滅亡し、かわって
           ̄7: i: : : : : l: : :':;: : ':, : : : : :ヽ: : ヽ: : : ', ', : i      レムゲドンに離反した天才軍事家メガが建国した、
            /:;イ: i: : : :l'; : l: ヽ: : ヽ、: : : : \: ':, : : i !: :l      ディンガル帝国が台頭する」
           ,':/:i:'; l: : : :!:ヽ:l:'; :ト: : : ト、',\: : :丶'; : ';!ノ'; : ',
            i;' ';:l: ',: : : :l':;:-!、';::lヽ::::::', ヽ ,ィiユト、: i: : i: : ':,: :ヽ
           ! ヽ'; :\: :l/` 「iTヽ \', / ト::::l ', l: :ト; : : ヽ、: \        `ヽ.、
              ` ‐l:ヽゝ ';:リ        Lソ  l:,イノ: ':,: : : ` ‐`  ー -  、 , -'´:ノ
         , - 、     li ', oー‐'       ーo´ !: l: : ヽ、`: :ー -: : ;  -‐ ' ´ : /` ‐ 、
        /: ; - 、',     /:l: :',  。   `  - 、  。 ,イ:./ '; : : : :` ‐-: : : : : : : : ; -'´ : : : : : : \
        ,': /   リ  /: ; イ: l\   ヽ       /:ノ,ィ- ─- 、: : : : : : : : ; - ´: : : : ` ‐ 、 : : : ',
       i: :ヽ、__, -'´: : :「 l'; ',./` ‐ 、 _, - ´';::::::::/     ヽー- ‐ '´、___: : : : : : :'; : : : i
        ヽ、___, -'´: : プイ'ヽ';:/ ̄ ̄!    , ';:::::l       ,.イヽ、: : : : ` ‐- ‐`ヽ: : ノ: : : :!
          / , - 、` ‐- ァ l:::/ ` ‐-   /   ';:::l      /:.:.:.ヽ : ` ‐ 、: : : : : ; - ': : : : ;'
        //-、 l;' ` r‐/  l:/  __        i::::l ヽ 「:.:ー':.:.:.:.:.:.:l :ヽ、 : : : : : : : : : : : : ノ
        └ー ァ/   l:.ヽ___/`ヽ/ ヽ, - 、 _ /:::::l  」:.:.:.:.:;':.:.:.:.:.:.\: :',` ‐ 、._: : : : : <
  , -'´`ヽ_  / /   〉:.:.:/ ` '´  , -─(´    ヽ::::ヽ\:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.\: ; : : '; :',` ‐、: : : ヽ
. r'´ -‐ー、l  ',  lノ    l:.:.:;イ     i    ` ー-  ',、::::ソ ̄L:.:.:.:.;:.:-:.:.、:ヽ: : : :i: :l   '; : : : ',
. l  __)__,イ      l:.:.i:::ヽ、   /\        i:.';::/リ ノヽ:,:.-─-:.:.:.\:, イ:/     ';: : : i
〈       ) l       __」:.:l::::::::::` ‐l   ヽ      ,':.:.:ヽ__/:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽノ ,イ   i: : :;'
 l   '"´ 」ノ、 ___/:.:.ヽ:.l::::::::::::::::::l \        /:.:.:.:.:.:.i:.';:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:l  ヽ`‐- ': /
  ',    r'´:.:';i:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.l::::::::::::::::::l  ヽ      /:.:.:.:.:.:.:.l:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ̄
  ヽ、__ノ:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:::::::::::::::::::l\       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./
    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::\        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:_, - '´
      ` ‐ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::`‐ 、.__ノ__.-、__, -‐ ' ´

115 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:48:50 ID:Y6kcyHq6


        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ      ちなみに、カーズに世界の仕組みを教えて
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|       彼が不老不死を求めるきっかけになったのが神龍神官、朝倉涼子。
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/        そしてその結果、人を超えた力を手にしたカーズを警戒した
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /        神龍の命令により、カーズを魔道の塔に封印したのも朝倉涼子。
         ヽ:`T - .. _ / レ
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ     , 、
           l    _r ニ=、、 ヘ.',  __/  `ヽ、
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr´r '       >- ' ¨ ´ `>、
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y     /      / /
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l    /      / /
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト、、/   _/、  ソ
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|  Y--ヘ´/::::::::}- ′



             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、     もっと言えば、神聖王国全盛時代に、
           l:.:.l    ●/:./ ̄     二人の偉大な王が暗殺されるように仕向けたのも朝倉涼子なら、
           vヘ  -   ノ:./       メガ=ディンガルの離反を助け、アリアロにレムゲドンを殺すように
            _,-+ 匸ヘ/V        促したのも朝倉涼子。
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|         神龍に忠実に従っただけとはいえ、心底ろくな事をしていない。
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

116 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:49:37 ID:Y6kcyHq6

           ∧_∧
         _( ´_ゝ` )              そう言ってやるなよ。
        /     /⌒ヽ
      __//⌒/⌒/ /  |__          神龍のやり口には正直反吐が出るが、
     / /_ /_/ /\ |  /\         朝倉は朝倉なりに、この世界を守ろうと必死なんだと思うぜ
   /  (_____/ . ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |             . |  \/
    |             ... |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ⊂ ヽ
    \ \   ∧_∧
     \ \( ´_ゝ` )
       \     /⌒ヽ            朝倉はノクサ、ライギロア、アリアロとは個人的に親交もあって、
      _/⌒/⌒/ /  |__         特にアリアロに対しては、特別な感情を抱いてたらしい。
     / /_ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/ . ヽ/   \      だからアリアロが死んだときには、朝倉も深く傷ついたそうだ
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |             . |  \/
    |             ... |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

117 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:50:12 ID:Y6kcyHq6


   ((  |ヾ丶 、
      | ヾ `
      ヽ ,.゙_,,.::´-‐‐-v‐..、______
      ,.::':::::::::::;::::::::::::::::::::`:.、    `.ニァ ))
   -=ィ::;::::/:::::::l:::::::i:::::::::::ヽ;::::.ヽ.. ‐ ´ ,/
    /::/::/::::l::::l::::::::l::::::|::::、::ヽ::::.ヽ、 /       なんと。
    .i:;イ::/::l::|l;:::|ヽ;:::ト、:::lヽ、l:::::l:::i:::ドー        朝倉涼子にそんなまっとうな感情があったとは驚き。
   ..|l l:::l::::N‐ヽト ヽlr‐`l‐'''゙| ::|::l::::!
     |:::|i:::l,イ「゙'r`   'ィ1゙`ト|:::「iト/          しかし、特別な感情というのは?
     ヽ|.|::::l. ー' ,     'ー゙ l:::レ'リ
       li:::l゙、  _ _    ,:l;/|/、_
      r'ヽ!:::゙::、__ /゙ヽ<:/'.:::::::::::;>、
       ∧::::::::/ .-jニ^'' .}::::::;;r''゙~  l
     ヽ ヽ;;::〉 ,ニ辷_ /;;ィ〈 ,.     !
     〈.  `l.  ィ_j゙   l,〉、f゙''゙    ,!
      }  r''ノヽ、,,{゙''‐''゙.:::{`i    /



           ∧_∧
         _(;´_ゝ` )
        /     /⌒ヽ             ( 原作ゲームだと朝倉のポジションのキャラは
      __//⌒/⌒/ /  |__            男だからまんま恋愛感情でよかったんだが、
     / /_ /_/ /\ |  /\           この場合は……なんだろう、百合? )
   /  (_____/ . ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |             . |  \/
    |             ... |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

118 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:50:56 ID:Y6kcyHq6


   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ       まあ、とりあえずその辺は置いておく。
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,      六英雄最後のひとりはメガ=ディンガルに仕えた
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ      希代の女魔術師、マノン。
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ     人間ながら比類なき魔力を持ち、
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、     魔法によって死ぬまで少女の姿を保ったという。
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             _
            ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
         , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
        /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
       l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
         /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l      「 マノンはカーズに師事して魔法を学び、
.         l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ仟圷ヽl ヽfチ圷 |.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |        カーズは彼女を利用して
.         |:/!.:.:.: 从.:.{. V;;リ    V;;リ 'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |        完全なる自由を取り戻そうとした
.          j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '    /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
              \:{ヽ|:小    V 7  彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|       しかし、彼女の真の目的は
               ` Ⅵ:| ヽ、  ´ ,.イ! .:./ |.:l.:.:.:.:.:.:.:. |       『 アリアロが解いてしまったカーズの封印を
               ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/   |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|         再び完全なものとすること 』 だった 」
             ____, /| >tく |ヽ、____|_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /ヽ::::::::::::::::/  |/ l只lヘ|  l:::::::::::::::: ̄ヽ.:l.:|
          |:::: ヘ ̄ ̄ {____|{{<ハ>}}_j ̄ ̄`メ:::::::::|.:l:|
          |::::{ \   / ∨⌒∨ \   / l::::::::|.:.l|
        /ll::::}\ ∨ \  ,VCV  ∠ _∨ |::::/ハ :l|
        { }}:::::ン  ̄}__/ ̄`^<_/ /,弖  l ::{{ }:|
        V__/   / /   /:/`\r'〃ニフ   }::V/ :|        【 導精魔道 マノン 】
        {´ /了 ̄|l   /:/      ̄ ̄`ヽ ヽ:/:.: |
          ∨     |l   |::|         /  /.:.:.: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

119 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:52:01 ID:Y6kcyHq6

             _,..:.:-:.:―:-:....、
            ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
         /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
          /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
       /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ       そして彼女はその命を封印の腕輪に変えて、
        /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',       現在も魔道の塔を守り続けている。
     /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
     ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/       カーズは一部の精神活動を除いて
          ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'        厳重に行動を制限されているが、
         Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!           隙をねらっては今なお、現世に干渉を続けている……
          ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
            ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
             >‎:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
            / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
          イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
          l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
         ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
            ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
           /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
        /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
          l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!

120 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:52:38 ID:Y6kcyHq6


          /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ       ……その責任の一端はこのバカ猫こと
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ } / /         魔人、緋勇龍麻にある。
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /            妖術宰相キールに召喚された際、
         `ヘ lヽ  ノ(  _ _    厶 ./             魔道の塔についての知識をぺらぺら喋ってしまった。
             ', {.代ト、⌒       , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./               おかげで私がどれだけ面倒な想いをする羽目になったか……
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l




  ⌒ ⌒ ⌒
  ∩ ⌒   ∩              しょうがないだろ、復活の代償として
  | |∧_∧| |              知ってることは答えなきゃいけなかったんだから!
 │(; ´_ゝ`) /
 │      / ̄ ̄ ̄ ̄/
_|____ / 黄龍器 /
      \/____/ ̄ ̄

121 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:53:08 ID:Y6kcyHq6

          /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ } / /        言い訳無用。
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /           貴方は絶対に野放しにできない。
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./             一生、私が飼い殺す。
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l




.: : : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄

122 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:54:03 ID:Y6kcyHq6

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / l   l│
     ノ l ァ|   | ィfテ云ミx / / /ィ示坏x.! /  リ  ハ!       さて、六英雄ほど名を知られているわけではないが
     イ 八{´l  !|  {じ刈 ' ´     トc刈 》j/   / /         やる夫たちにもかかわりのある
.        Vハ  | 弋zソ       弋zソ  }  ,//          大いなるソウルたちついても見ていきたい。
        ヽ ',  |           ,     .イ /´
         `ヘ lヽ       _     厶 /             まず、勇者シルヴァ……
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   '′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 ,.イ
                      _  //⌒ー― '",ノ
         ,  ´ ̄ ̄` 、―- 、-` //,ィ!   <´、
        /    ,ィ    :.:∨  `ヽ、|/:.,'     \\
       //./ //!l  :.:  :.:.l      ゙i::/        ヽゝ
      ///l .//ニ|l、  |:. :. :.:.|:.    .:.// /       \     「 ソウルイーターを封印し、
      |l |人| |ォァ、!|: /:.:.:.:.:.,':.:.    .:./// /        \ \     シルヴァ村の開祖となったという以外には
         _,ソヽ以ノ レ'l:./:.:/ハ . .:.:.:イ//{ |        ヽ. \l|     詳しいことはなにも伝わっていない。
       ヽ       レ':./イ ノノ:.:.:.:.:.:.:.|l |:l |l        |. |
.       〈_      ∠イ ニィ"彡:.:.:.:.:. ,ィ|::|、{.l          |. |     ソウルイーターを封じていて、
        l`      /: : : : 廴彡:.:.://|::|:|`:∨       |\!     いまはナナリーが所持する剣だけが、
        |      . : : : : : : : 弋ィ"∠,ィ|::|:|:.:.:.∨      ,'       この人物の存在したあかし 」
        ` ー―‐- 、  _lヽ/ヽハ  /:|::|:|       | /
             」ミ三ジ'"二二゙、 |:l l::|:|l.        | {
             `ヾシ" ,ィ三三三ヽ|:l |::lノ ヽ    | l\!
             ,..:}ィ三三三三三 |::|l:.|  |   / /
               /三三三三三三三::|::l沁、 レ|  /レ'
            l三三三三三三三三|::l三ニ、. |. /
            l三三三三三三三三∨三三、∨             【 勇者シルヴァ 】
             |三三三三三三三三三三三ミl
              |三三三三:/三三三三三三三l
             .l三三三三/三三三三三三三ミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

123 名前:名無しのやる夫だお;[sage] 投稿日:2009/11/01(日) 21:54:29 ID:9KZIozV.
パチパチパチ

124 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:55:10 ID:Y6kcyHq6

            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l      冒険者ジリオンは、28騎駆けでハクオロと共に闘ったほか、
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!     ロストールの“テジャワの変”にも関わっていたらしい。
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/       彼についての記録は、時代に一部混乱が見られるなど、
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"        なぜか不明点も多い。
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /   
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\    「 彼はソウルを失った恋人を救うため、
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |         みずからのソウルを犠牲にして
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|         目覚めることのない眠りについている。
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ          
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!            もし、やる夫が違う道を選んでいたら
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,  メ ∧            彼と共に旅することもあったかもしれない 」
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\      【 元・大いなるソウル ジリオン 】
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

125 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:56:09 ID:Y6kcyHq6

 Ⅵ:.:.:|:.: i:.:.:.:.:. l:.i:.:.:./|:.:.:.:.:i:.:. |:.: /:.:./    !: :./ //  /'
  |:.i:.|:.: |:.:.: : /:,:|: / !:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.i/       <   /  /
  |:.!:.|:.: |:.:.:.:/:/ l:.|  l:.:.:.:.|:.:.: !:. l            '
  |ハ|: ,:|:.: /:/  !:!  l:.:.:.:.|:.:.:.ll: l      ,...:´i
  '  l:/ |:.∧′ ||   !:.:.:.:|:.:.:l l l    ‐,-':.ハ: l
.――く′|:′   !  :. :.:.:l:. l !:!    /´:.: / } !     そして、“王城のある大都市スタート主人公”……
: : : : : : : : : 、       〉:.:.!: |` ll   /l:.:.:./  j/
: : : : : : : : : : : : 、    / :. :.:. |  ! `´ !:.:,'  /'
: : : : : : : : : : : : : :\  i   :. : |      l:.i
: : : : : : : : : : : : :. :. :.\!   :. |        !l
: : : : : : : : : : :. :. :. :. :. :.\  :|      !
三≧=- 、: : : : : : :. :. :. :. :.ヽ  _
三三三三≧ 、: : : : : : : : : : :<i:i:i:iヽ
三三三三三\≧: 、: : : : : : :.Ⅹi:i:i:ヘ
三三三三三三\三\: : : : :. :.Ⅹi:i:∧
三三三三三三三ヽ:三:\: : : : : :Ⅹ:i:∧



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|   「 ……彼については、物語の中ですでに語られた
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l     そしてやる夫が旅の目的へたどり着いた時に、
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'      もう一度、語られるだろう
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {       彼は死んだが、彼の物語はまだ終わってはいない 」
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      【 王城のある大都市スタート主人公 】
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

126 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:56:54 ID:Y6kcyHq6

          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!        最後、 “忘れられた大いなるソウル”。
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/          彼について、いかなる記録も残っていない。
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!           彼について、いかなる人も覚えてはいない。
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、            しかし、彼はそう遠くない過去に、確かに存在した。
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス       ……緋勇龍麻?
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l



     ∧_∧
    ( ´_ゝ`) r-っ
    /⌒ヽ/ / _)
   | \\//
   |  \/        ああ、俺と、もう一人は覚えている。
   |  ∧二つ       あと、完全には忘れていない奴が二人いるな。
   |  \
   / /\ \        かつてハクオロがバロルと戦った時、
   / /  > )        誰も知らないところでもうひとつの戦いがあった。
  / ノ  / /
 / /   / /
`/ /   ( ヽ
(_)   \_つ

127 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:57:37 ID:Y6kcyHq6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           //: :: : V⌒ヽ、_____
             /. . . . . . . . . . . . . . . . \_
        _/: . . . . . . . . . . . . . . . :   \_
      _/. . . . . . . . . . . . . . .    . . . . . .\>、__
     /. . . . . . . . . . . . /.  . . . . . . . \. . . . . \ ̄
      /. . ./. . . . | . . . ./. . .  . . . . . . . . ..|. . . . . ..\     「 闇の神器 “虚無の剣”を使い、
    {. . ./. . . . . | . . ./. . . . . . . . . . . . .}. .\. . . ∧ {       バロルにかけられた不死の封印を打ち破った剣士。
    |. ./. . . . . . | . ./. . . /\. . . . . . . .Ⅳ. . |. . . .∧ \      
    / /. . . . . . . |. /. . . /  ∨.{\ . . | ∨. |. . . . .∧ {_     彼がいなければ、ハクオロがバロルを倒すことは
    |/. . . . ..}. . . ./. . . . |  _≧z_\ | _∧.|.|. . . . . |       できなかっただろう
    |. . . /. /.... ./. . . ∧{─' ̄  \  》_/√|∧. ∧|
   / . ./. /. /´ゝ. . ./ ィ=f::::し}ヽ     ||化} / }. .|        しかし、虚無の剣の効果は
   //../. /. / ム∨{  ヽ ヒ::::リ        }  |/        『目標と、使用者の存在を同時に消し去る』…… 」
 /ノ../. /. . ∨ヽし \           〉  |  ノ
  //}/. . . . ヽ─z__                /           
    ///. /|. .∧ | `ヽ、     -‐   ∧
    ///. /..|. . .∧.|    `ヽ、     /{乂
  ノ//. /|...|. .rヘ∧      ` 7─‐イ: : | メ               【 忘れられた大いなるソウル 】
   ///. /. .{  \       ∧   |_ ヽ─、__
  / //>{\   l      | \   \__     ̄`‐‐、
     _/ {    ヽ      〈   |      }          }、
    _/   {      \       人 / ̄ ̄         }、
─'´      |        _>、     { L               |
        \     /\ 》-、    } 〉            |
          \      ̄ヽ \   |/             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    ∧_∧
   (  ´_ゝ)            存在そのものを消し去られた彼は、
   /   \_ /つ         全ての人の記憶から消えたってわけさ
  /      _/
__(__ニつ___|___       ……どうにかして思い出そうとしてる奴が、約一名いるけどな

128 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:58:36 ID:Y6kcyHq6


 /: .,: : : i: : : : : : : : : : : : : ,、:: : : : : : : : :.: |: : : ::::::::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::
 : : ,|: : /: : : : ∧: : : : : . :: ::|ヽ: : : : : : . .::.| : : :::::::::::::::::::|:::: /::::::::::::::::::
  /|::/: : : ―ト-、:ヽ: :.:: : : | 斗―‐―-:::.i::::::::::::::::::::::::::|:::/:::::::::::::::::::::
    |: : :.:|::::::.::|  レ' \ :::::i  __ \ヽ、:::::|: ::::::::::::::::::: : |/::::::::::::::::::::::::
    レ::::: |: :::ヘ:i ィ=ミ、.  \| -‐≦==ミ、|: ::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::     ところで、緋勇龍麻。
    |: : :::| : : :ヽ`ト':::}     イ゚'::.:::::i} 》 i:: :::::::::::::::://iヽ::::::::::::::::::::::::::
    |: :::∧: ::: :ヽ代ソ      マヽ‐ソ/ |:: :::::::::::::::/:|〉 }:::::::::::::::::/|::::     有史以来、大いなるソウルの持ち主が
    |: :/ ヽ:::i:::::i  ,       `¨´   i::::::::::::::::/: / /::::::::::::::::/ レ      同時期にこれほど多く出現したことはなかった
    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/          この異常事態について、貴方の意見を聞きたい
         レヽ::::::ヽ  ``         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\



     ∧_∧          そうだなー、死んだ奴も含めると
     ( ´_ゝ`)         この10年間で6人だから、多すぎるっちゃ多すぎるな
    /    .__\
___(_つ_(___)___    もしかすると……

129 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 21:59:22 ID:Y6kcyHq6

              /|
             /   !
           /    !
\_,, ― ''  ̄  ̄'     │
                 `゙''-、        インフィニティアを手に入れた無限のソウルが、とうとう出現するのか……
                    ヽ
                      ヽ
      .,.           .\   |      それとも、世界のあり方そのものが
     /        \      |      根本から変容する、その前触れなのかもしれないな
                  ヽ     |
                  /     ,ノ
                      .,r
             ---‐     ,,,/
-,,,,_、          .,,,,,,--''″
  ` ̄"'''¬―一'''''',ニア゛\
            / .,rヘr,,_ \


                                      ~ intermission end ~

130 名前:名無しのやる夫だお;[sage] 投稿日:2009/11/01(日) 22:00:41 ID:9KZIozV.


えーと、こういう裏情報はどこで得られるんですか?

131 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 22:01:43 ID:Y6kcyHq6
と、こんなところで今回の幕間解説は終了です。
次回投下は11/8(日)21:30からの予定です。

神聖王国滅亡からティンガル帝国建国のあたりは、
これだけで一本ゲームが作れそうな
設定ですよねw

132 名前:名無しのやる夫だお;[sage] 投稿日:2009/11/01(日) 22:02:38 ID:96A2Qjxg
読んだことないから推測だけど、これって始原口伝からかな?

133 名前:名無しのやる夫だお;[sage] 投稿日:2009/11/01(日) 22:02:55 ID:ofgmBWN2

知らんことばっかりやった 

>>130
売ってる設定資料集と2chで元開発者がバラした没設定データがあるらしいよ

134 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 22:05:51 ID:Y6kcyHq6
今回参考にしたのはKOEIから出てる、PS2版の
『ジルオールインフィニット公式設定集 始原口伝』と
『ジルオールインフィニット エンサイクロペディア』です。

エンサイクロペディアだけでもだいたい事足りるとは
思いますが、元値が2500円で、ネットで買うとプレミアついてます。

なので、興味のある方は古本屋で安く見かけたら
確保されることをおすすめしますw

135 名前:名無しのやる夫だお;[sage] 投稿日:2009/11/01(日) 22:07:56 ID:9KZIozV.
あ~ちょっと高かったから見送ったのがある…

136 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/01(日) 22:10:25 ID:Y6kcyHq6
没設定が多く載ってるのはエンサイクロペディアの方ですね
2chで流出した資料集は私は持ってないので、
知ってる方の書き込みを読んでいろいろと想いを馳せてます。
時々、腰を抜かすような裏設定がさらっと書かれてたりしてこまる

137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 15:15:15 ID:QKFvl4ss
遅ればせながら乙でした。

大いなるソウルに関してなんですがここのベースはインフィニットだったかと記憶しますが
邪竜エルアザルを打ち倒した忘れられた剣士こと外道剣匠ミラクはいないことになってるんだっけか?
無印では赤い巨星のおっちゃんからチラリと聞けたはずなんだけど。

138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 15:24:54 ID:QKFvl4ss
前スレにも投下あったんですね。改めて乙でした。

>‎闇の神器の力を解放して闇落ちした場合、
>‎使用者は魔人化し、基本的には元に戻すことは不可能。
>‎まあ、ジルオール本編中には
>‎該当するイベントは存在しないので
>‎心配する必要はないと思われる……
一応シェムハザの一件はこれに当たるのでは。主人公やその仲間がそうなる、という意味だったらごめんなさい。

139 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/02(月) 19:24:29 ID:RJFnlDcY
エルアザルの死体の前で
「古来、竜を倒した者は2人しかいない
 初代ドワーフ王ボルキスと、アルキュオネの忘れられた剣士(=ミラク)のみ」
ってやつですよね?

インフィニットでもその台詞はあります、が、
ミラクは大いなるソウルではないようです。
『ジルオール・インフィニットエンサイクロペディア』で
無限のソウルの有資格者として名があげられているのは
六英雄、シルヴァ、バロルの封印を破った忘れられた大いなるソウルの
8名のみ(ジリオンはPSP版からなので載ってない)で、
ミラクの項にも彼が無限のソウルだという記述はありませんでした。

……実は私も今回の分を書くまで、ミラクは無限のソウルだと思ってたんですが。


<シェムハザ
そういやそうだったw
あとラスト付近での破滅の槍も、そうだといえばそうなんですよね
ネメアだからなんとかなっちゃってるだけで。

今回の解説では
<主人公やその仲間がそうなる
ってことでご理解ください。

140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 19:40:54 ID:QKFvl4ss
こちらでも引っ張り出して確認してみましたが
>‎その大いなるソウルによって存在の断片が残り~(ミラクの項より)
とあったのでてっきりそうなんだとばかり…(大いなるソウルの項のシルヴァなどであるの「など」だと)
ただ文末にその存在を突き止めたのはゾフォルとツェラシェルだけとあったりするので
インフィニットに版上げされるにあたって設定が変更されたのかもしれませんね。

141 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/02(月) 20:40:32 ID:KdV4O8bs
どっかで設定見れないかなーと思ったらウィキペの記述がすごいことになってた

142 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:55:29 ID:RJFnlDcY
あ、ホントだ…失礼しました
俺の記憶からも記述が消え去っていたようです、申し訳ない


ってわけで追加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         \:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ.      x≦ミミミミ,r‐>―…¬'''¨丁ヾi     ̄`}__ ノ    /    _
         \:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヘー=ァ7ミミfry>''{{´        j:j }}   ̄ ̄}_,.    _,. -‐  ¨´
              \:.:.:.:.:.:`、:.:.:.:.:.   V/,イミ>''ヾ',  ヾ==--、    // {{  -‐_´.ム-‐ ¨´
              ヽ:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.  V {´     }}   ,.イ\   }   /' _,.ム‐ ¨´              __
                 ヽ:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:  V〈   ノ'___ _厶::`Yヘ._,. -‐ ¨´                 _,. -‐f ¨ ̄
                 `、:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.   ',_L.r―{  {、 ∨:::ヘ.ヘ.              _,. -r‐'f ¨´     j
                 `、:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.  }   }  '.   lヘ.  マハ::vハ    _,. -‐ ¨´ヾソく } }-、_,. '⌒′
                 ∨:.∧:.:.:.:.  j  {:   }  {~\ |Y::::}_,}_, ィf/_,.、-r‐y  jソ、. l j__,. --、
                     ∨:.:ハ:.:.:.:.:. {   ハ、 ハ. ヽ  `Y::::::l !{_廴ィ込ィソ_ノ /}リ j//_
                _,. -ハ:.:.:ハ:.:.:_,.ム r‐、l'.r ヘ.__ノY´ !:::::j_| イヘ.二¨~´ /  f‐'´/ _ `ヽ
              _,. -f、´::::|,ゝム.イ:{`Yヽ|::\_ノム._ノ,.、´廴 ヽ:/ f :::.....  /   ,ノ≦ニ´
       _,. -‐f、´::|\|,.ゞ彳ーj:\|:::∨::_;>'"   __廴`ヽ、 .ノ j: {: ..:::   { ..::/!ノ^ヽ:ハ      _,. --- .、
   _,. -f、´:::|\;ゝzZィf"rヘ./::∨::::;ムィf´ |  ̄``ゝ、廴_ \ ∨ ..::  ::...:::...   .::: .::/`ーj }::::`ーァ"´::::::::::::::::::::::\
r=ミく:::::::::;レyzZf"ス´ /::ヽj:_jム-‐' ´ |:.:.:.:|:.:.ヽ.   辷'_  \ ヽ } ー、_,r ′.::::::::::...:/ | :/ /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ 〉イrィイィ:}Y∨:::V_,>'´       _!:.:.:.:!:.: 入   __ノヽ   ヽ | |Tiー_--_‐fう〉 ::::, ′|/ /::::/_,. -―――- 、:::::::
  ´~YニY:!::::Uj;レ'"´          ノ:|:.:.:.:|:.: { j´`7'¨ ̄ヽ   { { ヽ`¨二二´   .イ::. /,. ´/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   〈 | |j_;/              /::_j.:.:.:ノ_/ { ,ノ 廴.  `、 ヽヽl、::..    .:/ :|::..://:::/:::::,. -‐‥‥ー- 、:::::::::::::
.    ヽ!ノ            f/´//:::::::ノ ハ`ー'´  Y  ヽ } l|   ̄ ̄´  .::l: //:::::{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::
                    ヽ/:::::::::::入ノ、     jヽ  | l j| ヽ:.    .::_l//:::::/:::::::::::::_,. -――- 、::::::::ヽ:
                    /::::::::::::::/  ` ー- 、___∧   ノ〉l.ハ._ .:}:、_  ///:::__{:::::,.  ´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::
                 {::::::/:::::/_,       / j   /イ| / } ` ー-、_ //:::::| Y´:::::::::::
                   ,レ'´:::::/´      / {       l//      }``丶:Lム-一<´ 【 外道剣匠 ミラク 】
                〈::::::::ノ          /  ∧    ,. ′        /     `丶、  `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ときは神聖歴5世紀、神聖王国アルレシア全盛時代。
第25代神聖王アルキュオネは賢王と呼ばれた名君で、その治世はのちに“清浄の時代”と讃えられた。

そのアルキュオネや、ドワーフ王ドレンガ、エルフのラミュたちとともに冒険をした人間の剣士が、
『アルキュオネの失われた剣士』、ミラクである。

彼は邪竜エルアザルと戦った際、闇の神器“虚無の剣”を使い、代償に存在が消滅した。

143 名前: ◆GV1zPRS/Lk[] 投稿日:2009/11/02(月) 21:56:17 ID:RJFnlDcY

    _..::':::¨¨:::ヽ、
  /:::::、:::::::::::::::::ヽ、
  イ::rヾ^ヘ::::::|::::::::::{゙
   ヘ 〈::;! |::::ト;::;::r`
.   |:〉、 ''ルイシ″    ついでに>>1の記憶からも、彼が大いなるソウルである裏設定が
 ┌‐1 ブ¨ヘヽ      消滅していたらしい。
 | (.l二ィ |`′
 └ー' rL...ト,       おそるべし、虚無の剣の効果。
     `lTl´
      -'-′


.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l     また、一説によると消滅したのではなく、虚無の剣の呪いで
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V     子供の姿にされ、800年後の今もそのまま生き続けているという。
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/         また、アルキュオネが朝倉涼子の陰謀により暗殺された際、
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ           愚行を繰り返す人間に絶望して、勇者と名乗るものを狩る
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、     「外道剣匠」となった、というのだが……
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠
     /、  ./     ',   ` ー‐ ´|     _ノ
    /   オヽ- /ヽ',      >-- ´
   / //  ./   ` ー-‐ ´
   ー'´ / /
     `゙´



     ∧_∧ 
     ( ´_ゝ`)         「勇者と名乗るからには世界を変える力があるのか試す」、ってことらしい。
    /    .__\        やり方は乱暴だけど、朝倉……というか神龍に対抗しうる存在を、
___(_つ_(___)___    そうやって探してたってとこもあるんじゃないのかな。





        やる夫は無限のソウルのようです 第3章 番外編 続・ナナリーのアルノートゥン日記

        やる夫は無限のソウルのようです 第3章 第4話 禁断の聖杯を求めて 前編


作品総合まとめリンク
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://acjryvnedk.blog54.fc2.com/tb.php/611-e8235c71
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。